西方の樹

著者 :
  • 砂子屋書房
0.00
  • (0)
  • (0)
  • (0)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 0
感想 : 0
本ページはアフィリエイトプログラムによる収益を得ています
  • Amazon.co.jp ・本 (234ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784790418627

作品紹介・あらすじ

四季のめぐりの中で、身内や敬愛する人々との永訣を多く歌う。
挽歌とはそれぞれの死を歌で刻印し、かつ永遠の生命をこの世にもたらし、
作者自身をも恕すもの。万感の祈りをこめた秋山佐和子の第九歌集。

著者プロフィール

1947年山梨県生まれ。國學院大學文学部卒。1974年、岡野弘彦主宰「人」短歌会入会。2003年「玉ゆら」創刊。2002年『歌ひつくさばゆるされむかも 歌人三ヶ島葭子の生涯』で日本歌人クラブ評論賞。2012年『原阿佐緒 うつし世に女と生れて』刊行。同年、平塚らいてう賞。歌集に『星辰』他。

「2017年 『長夜の眠り 釈迢空の一首鑑賞』 で使われていた紹介文から引用しています。」

秋山佐和子の作品

  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×