「色好み」の系譜―女たちのゆくえ (SEKAISHISO SEMINAR)

著者 :
  • 世界思想社
0.00
  • (0)
  • (0)
  • (0)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 0
レビュー : 0
  • Amazon.co.jp ・本 (242ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784790706205

作品紹介・あらすじ

「色好み」なる女とはいかなる存在なのか。「色好み」なる男とどのように異なるのか。小町説話の形成過程にその源流を訪ね、「色好み」の女のゆくえを見定める。

著者プロフィール

日本文学研究者。川村学園女子大学教授。帝塚山学院大学等を経て現職。1990年度サンパウロ大学客員教授。著書に『中世女流日記文学論考』(和泉書院、1987)、『校注弁内侍日記』(和泉書院、1989)、『〈色好み〉の系譜―女たちのゆくえ』(世界思想社、1996)、『『金槐和歌集』の時空―定家所伝本の配列構成』(和泉書院、2000)、『信生法師集新訳註』(風間書房、2002)、『旅する女たち―超越と逸脱の王朝文学』(笠間書院、2004)、『実朝の歌―金槐和歌集訳注』(青簡舎、2013)、共著書に『中世文学研究』(双文社出版、1997)、『成熟と老い』(世界思想社、1998)、単編著書に『中世日記・随筆』 (日本文学研究論文集成13)(若草書房、1999)、『涙の文化学―人はなぜ泣くのか』(青簡舎、2009)、共編著書に『はじめて学ぶ日本女性文学史[古典編]』(ミネルヴァ書房、2003)などがある。

「2013年 『仮名日記文学論』 で使われていた紹介文から引用しています。」

今関敏子の作品

「色好み」の系譜―女たちのゆくえ (SEKAISHISO SEMINAR)を本棚に登録しているひと

新しい本棚登録 0
新しい本棚登録 0
新しい本棚登録 0
新しい本棚登録 0
新しい本棚登録 0
ツイートする
×