風呂で読む 啄木

著者 :
  • 世界思想社
0.00
  • (0)
  • (0)
  • (0)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 0
感想 : 0
  • Amazon.co.jp ・本 (104ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784790706687

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • この風呂で読むシリーズ、大変画期的な本で、私のように常に風呂で何か読まないと落ち着かない人間にとって本当にありがたい。そしてこれを読んでいて気付いたのだけれど、啄木、なかなか良いのではないか? 自分の日常の中に潜むふとした瞬間を切り取る、という以上の、近代都市生活への眼差しに思わぬ普遍性が宿っているような気がする。そもそも、この時代の東京なんて、私の知っている東京と全然違うはずなのに「なんかわかる、感じがする」というのは大変なことではないか。あと「透明になる薬はないか」みたいな、自分の身体への感覚も面白い。繊細系文学人が稀に見せる普遍的なメンヘラ性とも言うべきか。私はこういう言葉が一周まわって意外と大切なのではないかと思ってきている。誰がなんと言おうとも。

全1件中 1 - 1件を表示

木股知史の作品

最近本棚に登録した人

ツイートする
×