意味の歴史社会学―ルーマンの近代ゼマンティク論 (SEKAISHISO SEMINAR)

著者 :
  • 世界思想社
3.67
  • (2)
  • (2)
  • (5)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 21
レビュー : 2
  • Amazon.co.jp ・本 (244ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784790709169

作品紹介・あらすじ

システム論論争、オートポイエーシス概念の導入などで知られるルーマンの歴史的研究に注目。ルーマン理論を近代の歴史的地平に接続する。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • ルーマンのゼマンティク論の具体的分析を通じて、ルーマンのシステム理論の位置づけを明らかにしようとする研究である。ゼマンティク論は、大雑把に言えば、コゼレックら概念史学派の歴史的意味論の具体的成果を踏まえつつも、全体社会との連関を更に検討していくものであると言える。その点で、ルーマンのゼマンティク論は近代ヨーロッパの思想史研究の只中で形成された理論である。だから、そうした文脈を離れてルーマン理論を観察すると適用可能性に乏しい単なる抽象物に見えるが、実際には、具体的事例研究を通じて形成された、それ自体もヨーロッパのゼマンティク構造によって規定されているところの、歴史性を帯びた理論なのである。こうした解釈を踏まえると、次のことが明らかになる。つまり、ルーマンのシステム理論の応用の難しさを嘆くばかりではなく、諸理論が社会構造によって可能になっているという認識を踏まえたうえで、それぞれの理論を吟味することを考える必要があるということである。その点で、理論は自己言及性を伴った「普遍的」理論でなければならない。

  • ルーマン社会学入門

全2件中 1 - 2件を表示

プロフィール

1970年、宮城県生まれ。2001年、東北大学大学院文学研究科博士後期課程修了。博士(文学)。現在、中央大学法学部教授。著書:『意味の歴史社会学─―ルーマンの近代ゼマンティク論』(世界思想社)、『滲透するルーマン理論─―機能分化論からの展望』(共著、文眞堂)他。翻訳:N. ルーマン『社会構造とゼマンティク3』(共訳、法政大学出版局)他。

高橋徹の作品

ツイートする