レトリック入門―修辞と論証 (SEKAISHISO SEMINAR)

著者 :
  • 世界思想社
3.23
  • (2)
  • (1)
  • (9)
  • (0)
  • (1)
本棚登録 : 42
レビュー : 7
  • Amazon.co.jp ・本 (259ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784790709657

作品紹介・あらすじ

豊富な文例を交えながら文彩(修辞)と議論法(論証)をわかりやすく解説したわが国初の本格的な概説書。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • うわー、これは勉強になるわ。
    僕にとって易しすぎも難しすぎもなく、きわめてわかりやすい説明が豊富な具体例とともになされている。

    特に論証のさまざまな型の紹介は僕にとって白眉。
    論証にどのようなタイプがあるか、今分類したいなあと思ってるんだよね。著者たちのやっていることとは違う形で。
    そこがとにかく参考になる。掘り出し物。

  • 当初は第三章の基本文彩(提喩)など修辞面が目的で読んでいたが、Jakobsonの失語症の研究(2章)の方も気になった。

    【目次】
    第一部 レトリックの過去と現在
    第1章 レトリックの「発見」
     1 弁論術と修辞学
     2 今なぜレトリックか
    第2章 言語=認識活動の三極性
     1 ヤーコブソンの問題提起
     2 ヤーコブソンに抗して

    第二部 修辞的説得
    第3章 基本三文彩
     1 提喩(換称)
     2 換喩(転喩)
     3 隠喩(直喩)
    第4章 提喩系列の文彩と換喩系列の文彩
     1 提喩系列の文彩(類似性を原理とする)
     2 換喩系列の文彩(結合性を原理とする)
    第5章 隠喩系列の文彩とその他の文彩
     1 隠喩系列の文彩(対立性を原理とする)
     2 その他の文彩(主に文体的技法に関わるもの)

    第三部 論証的説得
    第6章 レトリック的議論の前提
     1 立論と反論
     2 論拠を求めて
     3 トポス論の地平
    第7章 議論=論拠の型
     1 類似性を原理とする議論
     2 結合性を原理とする議論
     3 対立性を原理とする議論
     4 分離に基づく議論

    ●レトリック関係文献

  • 『文書術』で紹介されていた本

  • 前半はまあ普通だったが、中盤後半がなかなか良かった。あんまりレトリック入門ってかんじがしなかったけどまあいいと思います。

  • 難しくてよくわかりませんでした><
    入門とありますけど、基礎知識のない私が読むにはレベルが高かったです。
    結局、直喩隠喩のあたりの項しかよくわからなかったので勉強して出直しますT_T

全7件中 1 - 7件を表示

著者プロフィール

1944年東京に生まれる。東京教育大学文学部仏文科卒。同大学院文学研究科博士課程中退。静岡女子大学助教授、高知大学教授、関西外国語大学教授を歴任。専門はフランス文学・レトリック。著書――『ランボー考』(審美社、1978年)、『ステファヌ・マラルメ』(審美社、1989年)、『ヴェルレーヌ』(清水書院、1993年)、『レトリック辞典』(国書刊行会、1998年)、『ミュッセ』(清水書院、1999年)、『レトリックと認識』(NHKブックス、日本放送出版協会、2000年)、『レトリック入門』(世界思想社、2002年)、『実践ロジカル・シンキング入門』(大修館書店、2003年)、『うまい!日本語を書く12の技術』(生活人新書、日本放送出版協会、2003年)、『ジョーク・ユーモア・エスプリ大辞典』(国書刊行会、2004年)、『ユーモア大百科』(国書刊行会、2004年)、『日本語修辞辞典』(国書刊行会、2005年)、『レトリックのすすめ』(大修館書店、2007年)、『偶然を生きる思想』(NHKブックス、2008年)、『発想のための論理思考術』(NHKブックス、2010年)、『日本語作文術』(中公新書、

「2013年 『日本語文例集 名文・佳文・美文百選』 で使われていた紹介文から引用しています。」

野内良三の作品

レトリック入門―修辞と論証 (SEKAISHISO SEMINAR)を本棚に登録しているひと

ツイートする