社会調査の考え方―論点と方法

制作 : Tim May  中野 正大 
  • 世界思想社
3.80
  • (2)
  • (0)
  • (3)
  • (0)
  • (0)
  • 本棚登録 :20
  • レビュー :2
  • Amazon.co.jp ・本 (379ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784790711223

作品紹介・あらすじ

サーベイ、インタビュー、参与観察、ドキュメント調査、国際比較調査など、社会調査の論点と方法を幅広く、バランスよく、明快に論じたテキスト。初学者はもとより、社会調査士・専門社会調査士をめざす人のための必携書。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 社会調査の方法を6つに分類している。
    1 公式統計
    2 社会調査(ソーシャルサーベイ)
    3 面談(インタビュー)
    4 参与観察
    5 文書調査(ドキュメント)
    6 比較調査

    内容としては、態度尺度と、順位付けが大切であることがわかった。

  • 大学で履修している社会調査士実習のテキストに指定されたので、購入しました。
    社会調査士はまだ認定資格で、うちの大学でも今年から資格取得プログラムが開始されました。
    担当の先生はのちのち国家資格にしたいと目論でいるようです。
    まだ読んでいないので、星三つ。

全2件中 1 - 2件を表示

ティム・メイの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

社会調査の考え方―論点と方法はこんな本です

ツイートする