英語を学ぶ人・教える人のために―「話せる」のメカニズム

著者 :
  • 世界思想社
3.57
  • (2)
  • (1)
  • (3)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 14
レビュー : 3
  • Amazon.co.jp ・本 (248ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784790711841

作品紹介・あらすじ

「なぜ話せないのか?」「どうすれば話せるようになるのか?」外国語習得のメカニズムに関する最新の研究成果を、身近な例を用いてわかりやすく紹介する。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 著者:羽藤由美

    【書誌情報】
    本体1,600円(税別)
    2006年発行
    四六判/260頁
    ISBN978-4-7907-1184-1

    外国語習得のメカニズムに関する最新の研究成果を、日本という学習環境に置いてわかりやすく紹介。「なぜ話せないのか?」「どうすれば話せるようになるのか?」を身近な例を用いて説明する。英語を学ぶ人・教える人に発想の転換を迫る一冊。
    http://www.sekaishisosha.co.jp/cgi-bin/search.cgi?mode=display&code=1184


    【目次】
    はじめに
    第1章 外国語習得には時間がかかる
    第2章 「話せる」ってどういうこと?
    第3章 「文法」は役に立たない?
    第4章 「文法学習」は役に立たない?
    第5章 「使う」から「習得」へのメカニズム
    第6章 「使う」ってどういうこと?
    第7章 「使う」だけでペラペラ?
    第8章 「文法学習」の出る幕
    第9章 ジレンマを越えて
    おわりに

  • 第2言語習得研究を専門とする著者が、専門書ではなく
    一般向けに書いた本。

    一般向けとはいうものの、専門的な言葉も使われていて、
    少々難しいと思います。

    でも書かれている内容は、嘘や誇張もなく、わかっている
    こと、わからないことが、きっちりと区別して書かれています。
    読んでいて気持ちがいいです。

    また、無理な論理展開もなく、当たり前のことを当たり前に
    説明しているところがよかったです。
    近頃の英語ブームで、ありえない効果を謳った商品が
    多数あるなか、とても誠実であり且つ当たり前のことに
    気づかされるいい本でした。

    小難しいので星4つにしました。

    本の内容をちょこっと紹介しているブログはこちら↓
    http://ameblo.jp/waremoko-tadoku/entry-11152190874.html

  • 早く再読しなきゃ。

全3件中 1 - 3件を表示
ツイートする