テレビのゆくえ―メディアエンターテインメントの流儀

著者 :
  • 世界思想社
3.00
  • (0)
  • (1)
  • (3)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 13
レビュー : 5
  • Amazon.co.jp ・本 (154ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784790713388

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • テレビ番組の質が下がっているということが言えるなら、やっぱりナンシー関がいないことが大きな要因じゃないのかなぁ。

    こういうテレビ論では堅い話でも笑える話でも彼女を超える・・・どころか足元に近づいているモノもないもの。

  • 元テレビマンの人が、テレビの現状と今後を書いた本。

    それほど奇抜なことは書いていないが、ドラマが少なくなり、ひな壇芸人の番組が多い裏側であるとか、広告代理店と電波法で守られたテレビ局幹部の問題や視聴率の問題などを取り上げている。

    字が少ないので、活字アレルギーの人でも読みやすいのではないでしょうか?

  • 諸君、私はテレビが嫌いだ。
    で、何で?

全5件中 1 - 5件を表示

影山貴彦の作品

テレビのゆくえ―メディアエンターテインメントの流儀を本棚に登録しているひと

ツイートする