受動喫煙の環境学―健康とタバコ社会のゆくえ

著者 :
  • 世界思想社
3.00
  • (0)
  • (0)
  • (1)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 10
レビュー : 3
  • Amazon.co.jp ・本 (232ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784790715740

作品紹介・あらすじ

なぜ、日本の受動喫煙対策は遅れているのか?有害なタバコ煙が、多くの人々に深刻な健康被害を及ぼす「受動喫煙」。タバコ規制の国際条約(FCTC)を最初に批准した国のひとつでありながら、受動喫煙対策の「後進国」である日本の現状に警鐘を鳴らし、よりよい社会環境の実現に向けた議論の筋道を示す。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 閲覧室  498.3||ムラ

  •  タバコはパッケージなどに「有害です。」と書かれているけれど、どう有害なのか、受動喫煙って?と思った人この本を手に取ってみて下さい。タバコについての基本的な知識が身につくとともに、自分がタバコを吸うときに気を付けようと思うことが書いてあります。
    (匿名希望 教育学部 国語)

全3件中 1 - 3件を表示

村田陽平の作品

受動喫煙の環境学―健康とタバコ社会のゆくえを本棚に登録しているひと

ツイートする