抗うつ薬の時代―うつ病治療薬の光と影

制作 : David Healy  林 建郎  田島 治 
  • 星和書店
2.60
  • (0)
  • (0)
  • (3)
  • (2)
  • (0)
本棚登録 : 16
レビュー : 3
  • Amazon.co.jp ・本 (409ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784791105267

作品紹介・あらすじ

うつ病が、なせ今日、これほどまでに一般的な病気になってきたのか?本書は、抗うつ薬の発見とその進展に焦点を当てながらも、精神医学の歴史をさかのぼり、時々の出来事を鋭く洞察する。薬の発見とともに現れてきた巨大製薬企業、著名な科学者や臨床医と巨大製薬会社との関わり、成功した薬と消えてしまった薬、ドーパミン仮説やアミン仮説などの神経科学の話題、など、現代医学の抱える問題点を著者ならではの視点から鋭くえぐっている。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 内容が専門的なところはよくわからなかった。でもこの市場は製薬会社によって作られている事はよく分かった。

  • 2007/7-2007/8 読。

全3件中 1 - 3件を表示

抗うつ薬の時代―うつ病治療薬の光と影のその他の作品

The Antidepressant Era ペーパーバック The Antidepressant Era デーヴィッド・ヒーリー
The Antidepressant Era ハードカバー The Antidepressant Era デーヴィッド・ヒーリー

デーヴィッド・ヒーリーの作品

ツイートする