侵入思考 ‐雑念はどのように病理へと発展するのか‐

  • 星和書店
2.50
  • (0)
  • (0)
  • (1)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 28
レビュー : 0
  • Amazon.co.jp ・本 (377ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784791106103

作品紹介・あらすじ

本書は、意思とは無関係に生じる侵入的な思考が心理的障害に果たす役割について論じた初の書である。侵入思考が、強迫性障害、外傷後ストレス障害、うつ病、全般性不安障害、不眠症など、数多くの心理的障害の重要な認知的特徴であることを示すエビデンスが得られつつあるいま、本書は、今後研究の進展が予想されるこの分野への扉を開くものである。

David A.Clarkの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
エーリッヒ・フロ...
ウィトゲンシュタ...
ヴィクトール・E...
ポール・エクマン
有効な右矢印 無効な右矢印
ツイートする
×