私たちは大人少女―強さとしての「少女性」

著者 :
  • 青樹社
2.40
  • (0)
  • (0)
  • (2)
  • (3)
  • (0)
本棚登録 : 13
レビュー : 1
  • Amazon.co.jp ・本 (398ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784791311378

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • Olive、昔読者でした。
    なんていうか、素敵な彼氏ゲットしなきゃ! とかこのアイテムは絶対買い!! みたいなギラギラしたところのない記事や、ゆるさと空気感のある雰囲気のグラビアが好きだったなぁ。
    あの頃のファッション特集とかメイク特集の写真は今で言うトイカメラっぽい感じでしたね。(紙面の紙質もあったのかもしれませんが(笑))
    ヘタなイラストを投稿して掲載されたことも良い思い出です。(Oliveグッズみたいなものが送られてきました)

    と、おばさんの思い出はここまでにして(笑)

    かなり昔のインタビュー集なので、この頃と現在ではまた風潮というか時代が微妙に変化しているのですが、思ったのは、
    人生は長いようで短いんだから、好きなものをあきらめないでやりたいように生きればいいんじゃないの? でも別にあせらなくていいんだよ。
    ということかなぁ。

    このインタビュー集が出版された頃よりは、今現在はもっと世の中が細分化、多様化を認めてくれているような気がします。
    あまりに多様化になりすぎて、個性や独自路線を突き進もうと思っても、よくよく観察してみれば、それもまたどこかで見たようなステレオタイプだったりして。

    ガチガチに自分を変なルールで縛り付けるのではなく、もっと強くしなやかに好きなものに囲まれて人生楽しく生きる、そういうちょっと前の少女じみた生き方も、今はさほど非難されるようなことでもありません。

    ワタシも、既におばさんですが(笑)、おばあさんになっても、その辺を忘れないで生きてゆきたいなぁと思います。

    時代背景が微妙に変化してるので、とりたてて考えさせられるようなインタビュー集ではないのですが、個人的に懐かしい雑誌や漫画がモチーフとしてちりばめられていたので★2つで。

全1件中 1 - 1件を表示

村岡清子の作品

私たちは大人少女―強さとしての「少女性」を本棚に登録しているひと

ツイートする