大判ビジュアル図解 大迫力! 写真と絵でわかる古事記・日本書紀

著者 :
  • 西東社
3.00
  • (0)
  • (1)
  • (3)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 26
レビュー : 5
  • Amazon.co.jp ・本 (176ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784791620661

作品紹介・あらすじ

厳選42テーマ。日本神話の世界を再現!!500点超、絵画・CG・写真満載。有名神社を紹介。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 乙巴の変
    中臣鎌足《》と中大兄皇子により蘇我入鹿と蝦夷殺害。
    →その後、孝徳天皇即位《斉明天皇の弟》
    孝徳天皇
    飛鳥から難波に遷都したが、中大兄皇子が飛鳥に遷都したいといい、一人だけ取り残され、病で死亡。
    →斉明天皇即位二回目

    斉明天皇
    天智天皇《中大兄皇子》の母親。
    百済支援のため、朝鮮半島に向かおうとするが、九州で死亡。
    →しばらくしてから、天智天皇として即位

    天智天皇
    朝鮮半島に向かい、百済、日本vs唐、新羅
    白村江の戦い→敗北して、日本へ逃走。
    唐に備えるために、地理的有利な大津へ遷都。
    中臣鎌足死亡。→天智天皇も死亡。

    天武天皇
    天智天皇の父違いの弟《大海人皇子》
    壬申の乱で、天智天皇の息子の大友皇子に勝利して、即位。

    持統天皇
    天智天皇の妻

  • とても読みやすい!
    古事記や日本書紀って、日本史の授業ではほとんど内容に触れなかったけれど、こんなに面白かったとは。
    (習うとしたら、古典だったのかな?)
    とんでも展開が多いし、ぶっとんだ人もたくさん出てくる。
    でもそれはさておき、神々の時代から始まって、授業で習った天皇たちの名前がちらほら出始めるところまでくるともう嬉しくなってしまう。脈々とつながる歴史に感動。

  • 大人になって改めて、ちゃんと神話を知ってみようと思いたつ。学校の資料集のような大判図解でわかりやすい。

    ダイナミックなスケールでありながら、嫉妬や恐怖に駆られる様はどこか人間味あふれる神さまたち。

  • 古事記と日本書紀。

    存在は歴史で学んでも、内容は国語で学ばなかったので読んでみた。


    尊敬する従兄弟が歴史や神話を頼りに日本各地をまわっていた理由がやっと理解できた。

    こんなにも、僕らの近くにあったなんて。

全5件中 1 - 5件を表示

大判ビジュアル図解 大迫力! 写真と絵でわかる古事記・日本書紀のその他の作品

加唐亜紀の作品

ツイートする