ぬまがさワタリのゆかいないきもの㊙図鑑

  • 西東社
3.73
  • (4)
  • (15)
  • (5)
  • (0)
  • (2)
本棚登録 : 107
レビュー : 12
  • Amazon.co.jp ・本 (224ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784791626854

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • ゆかいないきもの。

  • 面白かった。ボリュームも満点。
    うわー。

  • 変わらず、プッと笑ってしまう絵が素敵。「ウワーッ」「やんのかコラーッ」とか。
    海洋生物までカバーされていて楽しめました。
    が、フリガナは降ってあるものの、5歳の息子には難しい点も多かった模様。(進撃のゴマモンガラとか。)

  • 知られざる動物たちの一面がそこにある。
    内容も好きだけどイラストと説明文が個人的にツボです。
    これ読んでから動物園とか水族館にいくと普段より楽しめる。
    チンアナゴの一面には思わずほくそ笑んじゃう。

  • 著者:ぬまがさワタリ
    デザイン:村口敬太
    編集協力:三橋太央

    【感想】
     ユーモラスな雑学が詰まったミニ図鑑。哺乳類オタクから見ても細かいネタが盛り込んであり、以外と楽しめました。
     なお、教育的な意図で子供に渡すのであれば、ふつうの図鑑とは別に、サプリメントとして使うのが適当でしょう。

    【メモ】
    特設ページ
    http://www.seitosha.co.jp/ikimono/index.html

    【版元】
    サイズ : 四六変
    ISBN : 9784791626854
    本体価格 900円 + 税
    http://www.seitosha.co.jp/book/isbn-9784791626854.html

    【簡易目次】
    はしがき   [002-003]
    目次     [004-009]
    この本の見方 [010]

    第1章 ギャップにおどろく――びっくり! いきもののオモテとウラ 011
    第2章 知られざる特技&特徴――すごい! いきもののオモテとウラ 093
    第3章 その暮らしなぞだらけ――ふしぎ! いきもののオモテとウラ 143

    さくいん   [222-223]

  • 字が汚くて読みづらい。

  • 「図解 なんかへんな生きもの」(https://booklog.jp/item/1/4334979688)がとても面白かったのでこちらも読んでみた。こんだけの情報を集めた労力ははかりしれない。脱帽。
    そして相変わらずセンスよすぎないですか。そしてイラスト可愛すぎないですか。

  • 前作『図解 なんかへんな生きもの』と同様に、珍しい生き物や、意外な一面を持つ生き物などを紹介する図鑑。
    生き物の特性や習性について、派手なトピックを選びピンポイントで掘り下げる構成は、前作を踏襲していて分かりやすい。笑いに関しては、メタだったりコアだったりするジョークは減ってしまって、いわゆる子どもでも読みやすい図鑑になっている。
    前作のコラム「載せたかった!○○の生きもの」として小ゴマで紹介された生き物の多くも、今作でページを割かれているのだけれど、クダクラゲが項目から漏れたのは個人的に残念だった。

  • 安定の面白さ。前作より毒が少な目なのが残念。

  • ウワーッ、可愛い♪
    子供が喜んで読んでいます。

全12件中 1 - 10件を表示

ぬまがさワタリのゆかいないきもの㊙図鑑のその他の作品

ぬまがさワタリの作品

ぬまがさワタリのゆかいないきもの㊙図鑑を本棚に登録しているひと

ツイートする