後悔しない超選択術

  • 西東社
3.63
  • (10)
  • (32)
  • (24)
  • (5)
  • (1)
本棚登録 : 376
レビュー : 28
  • Amazon.co.jp ・本 (256ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784791627172

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • (kindle版は非常に読みにくいので書籍版推奨)

    人は無意識に「毎日70以上の選択」を繰り返している。その選択により人生が大きく変わっており、今の人生は「過去の自分がした選択」の結果に過ぎない。
    信憑性どころか理にかないすぎて、言葉を失いました。
    いつの間にか自分の中にバイアスが生まれている出来事も全部過去の自分が選択した否定的な行動や発言によるものだということがわかります。

    この本で大事なのは「わかる」ということ。
    原因がわかれば対策がわかる。
    「選択」をこれから論理的にしていけばよいのである。
    どちらをとれば一番自分のためになるか、後悔しないか。
    その選択が過去の自分にとって「めんどくさい」ことであっても、これからの私は喜んでそちらを選ぶだろう。

    10分後のわたし、明日のわたし、一年後のわたし、10年後のわたしがそれを望んでいる。

    • ハーさんさん
      確かに。目先の利益や感情に囚われて、選択するのではなく、一年後、10年後の未来を見据えて選択する事が重要ですよね
      確かに。目先の利益や感情に囚われて、選択するのではなく、一年後、10年後の未来を見据えて選択する事が重要ですよね
      2019/09/09
    • siichanさん
      ハーさん、コメントありがとうございます。

      人生に投資するという観点から見れば、目先の利益や感情にとらわれるのは賢明ではない選択ですよね...
      ハーさん、コメントありがとうございます。

      人生に投資するという観点から見れば、目先の利益や感情にとらわれるのは賢明ではない選択ですよね。

      私もそういった正しい選択を行える回数を増やせるように日々意識しながら生活していきたいです。

      ハーに幸あれ。
      2019/09/10
  • 未来に何が起こるか分からないこそ、後悔しない選択をする重要性を考えさせられた一冊でした!!そして後悔しないためにも、短中長期(10分、10か月、10年後)に自分がどうありたいのかを明確にし、そこに向かっていく日々の小さな努力が必要なんだろうなぁと感じさせてくれた一冊でした♪

  • 事例が多くてとても読みやすかった。
    日常生活でさえ多くの選択に迫られており、選択疲れを感じていた。
    合理的な選択ができるように本書に書かれていることを実践していこうと思う。

  • 話題の人だがよく知らないままだったが、機会があったので読んでみた。メンタリストならではというより、脳科学からの自己啓発本と同じ構成。読みやすいので、筆者から本に入る人にはいいと思う。翻訳書よりはとっつきやすいと感じた。
    テレビでみたことないが、機会があれば観たいと思う。

  • 人生の選択において、重要なのは正解を導き出すことではなく、後悔のない選択をすること。
    世の中に100パーセントは無いのだから、自分が納得できる答えを探すことと、自分の選択したことに対して、しっかりと受け止められる思考を持つこと。

    僕は少し、完璧主義的な所があるので、全てにおいて完璧を求める事が多々ありましたが、それは結局、自分にとって何が一番大切なのかを見定める能力が無いから、全てを手に入れようとしていたことに気づきました。

    1番重要なことは何か、何を優先させるかを理解し、選択する事が出来れば、それが一番後悔しない選択なのだと思います。

  • 人は毎日70以上の人生を左右する選択を繰り返しているという。無意識に行うものもあれば、意図して行うもの、小さいものから大きなものまで。頭ではわかっていても、その選択を取ることでその後どうなるのかが大きく変わってくる。Daigoさんによると、「完璧な選択はなく、あるのはベターな選択」だという。後悔しない選択をしていくことが大事であり、この一冊が読者の補助になれば良いと締めて終わっている。

    「選択」を日々行う人、つまり全員にとってもう一度「選択」とは何なのかを振り返ることができる1冊である。それにまつわるストレスとの向き合い方、その要因となるもの、解消法などにも触れている。

    改めて毎日向き合う「選択」に対しての意識が変わった。

  • 今の自分は感情論と周りの目という「バイアス」に縛られて選択をしてきたんだなと改めて感じさせられた。

    特に本書の中でも人間は選択肢を2つに絞って考えてしまうという観点は至極真っ当で、自分で自分の未来を狭めていたんだなぁと。次はたくさんの選択肢の中を展開した上で、トーナメント式を利用してもう少し広域で考えてみたいと思いました。

    またDAIGOの本は毎度たくさんの知見が記述されているため、今までは読むだけで満足感が得られ中々行動に繋げられなかった部分もあり、そこは反省しより人生にするための参考文献としてこれからも彼の本を読んでいきたいです。

  •  日々、自分がどのように選択をしているのか。
    何を基準に、どういう考えで選択をしているのか。

    自分なりにはしっかりと考えているつもりだったが、
    様々なバイアスに支配されていた面もあったように思える。

    自分の中の大きな未来に向かって、
    より望ましい日々の選択をできるようになっていきたい。

    まずは、この本に書かれている10パーセントを取り入れることを心がけよう。

  • 人生は選択の連続
    未来がわからない以上、「正しい選択」は誰にもわからない
    人生を幸福にするには「後悔しない選択」をするのが良い

    きちんと考えて合理的に選択したり、最善でなくても得られた結果に満足すると後悔が少なくなる

    また、自分の選択を記録し振り返ることで、後悔しない選択ができるようになっていく

  • タイトルの通り、人生のあらゆる選択において後悔しないような行動を取るにはどうすればいいかをわかりやすく書いています。

    記載されている方法を少しずつ実践できれば、より良い人生を送れるようになるのかもしれません。
    どちらにしても読むだけでなく、その後の理解と実践が何よりも重要だと思います。

全28件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

メンタリストDaiGo(めんたりすと だいご)
1986年生まれ、静岡県出身。新潟リハビリテーション大学特任教授。科学とロジックで超常現象を再現する「メンタリスト」を名乗る。Youtubeチャンネルで定期的に動画を配信、そこで紹介した本の全国的に売上が上がっており、本のインフルエンサーともなっている。代表作として『自分を操る超集中力』。その他にも著作は数多く、おもにメンタリズムと心理術をテーマにしたものが多いが、実践的な目的のための実用・ビジネス書もある。2019年5月28日、『 無理なく限界を突破するための心理学 突破力』を刊行。

後悔しない超選択術のその他の作品

後悔しない超選択術 Kindle版 後悔しない超選択術 メンタリストDaiGo
後悔しない超選択術 Audible版 後悔しない超選択術 メンタリストDaiGo

メンタリストDaiGoの作品

後悔しない超選択術を本棚に登録しているひと

ツイートする