後悔しない超選択術

  • 西東社
3.61
  • (10)
  • (37)
  • (29)
  • (5)
  • (1)
本棚登録 : 435
レビュー : 33
  • Amazon.co.jp ・本 (256ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784791627172

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • (kindle版は非常に読みにくいので書籍版推奨)

    人は無意識に「毎日70以上の選択」を繰り返している。その選択により人生が大きく変わっており、今の人生は「過去の自分がした選択」の結果に過ぎない。
    信憑性どころか理にかないすぎて、言葉を失いました。
    いつの間にか自分の中にバイアスが生まれている出来事も全部過去の自分が選択した否定的な行動や発言によるものだということがわかります。

    この本で大事なのは「わかる」ということ。
    原因がわかれば対策がわかる。
    「選択」をこれから論理的にしていけばよいのである。
    どちらをとれば一番自分のためになるか、後悔しないか。
    その選択が過去の自分にとって「めんどくさい」ことであっても、これからの私は喜んでそちらを選ぶだろう。

    10分後のわたし、明日のわたし、一年後のわたし、10年後のわたしがそれを望んでいる。

    • ハーさんさん
      確かに。目先の利益や感情に囚われて、選択するのではなく、一年後、10年後の未来を見据えて選択する事が重要ですよね
      確かに。目先の利益や感情に囚われて、選択するのではなく、一年後、10年後の未来を見据えて選択する事が重要ですよね
      2019/09/09
    • siichanさん
      ハーさん、コメントありがとうございます。

      人生に投資するという観点から見れば、目先の利益や感情にとらわれるのは賢明ではない選択ですよね...
      ハーさん、コメントありがとうございます。

      人生に投資するという観点から見れば、目先の利益や感情にとらわれるのは賢明ではない選択ですよね。

      私もそういった正しい選択を行える回数を増やせるように日々意識しながら生活していきたいです。

      ハーに幸あれ。
      2019/09/10
  • タイトルの通り、人生のあらゆる選択において後悔しないような行動を取るにはどうすればいいかをわかりやすく書いています。

    記載されている方法を少しずつ実践できれば、より良い人生を送れるようになるのかもしれません。
    どちらにしても読むだけでなく、その後の理解と実践が何よりも重要だと思います。

  • 後悔しない選択をするための
    いろいろな考え方。

    ①他人の重要な選択をするつもりで、
    自分の問題について考えてみる。

    ②その選択の10分後、10か月後、
    10年後はどうなっているか考えてみる。

    ③毎日書く 書き出し→眺める

    いっぱいあって、あ~と思うものもあれば、
    ん~?と思うのもあった。
    客観的に考えるという点においては、
    ①なんかは有効だと思われる。

    そんなことしなくても決められるようになりたい。

  • 未来に何が起こるか分からないこそ、後悔しない選択をする重要性を考えさせられた一冊でした!!そして後悔しないためにも、短中長期(10分、10か月、10年後)に自分がどうありたいのかを明確にし、そこに向かっていく日々の小さな努力が必要なんだろうなぁと感じさせてくれた一冊でした♪

  • サクっと読めます。

    超選択のために
    基本的に自分の考え、決断にはバイアスがかかっているという事を認識する。
    そして、第三者の目、切り口をいかにして取り入れるか。

    エビデンスや具体的な実践法の紹介もあり、良かったです。
    中でも日記をつけるという事。
    私自身、頭・感情の整理、自分との対話、アウトプットの向上等を目的としてほぼ毎日付けています。
    本書でも、記憶の平均化の為に効果ありという事で取り上げられており、客観的に自分を見るために書き出すという行為の重要性を再認識できました。

  • 決断に際し
    1. 楽をしない
    2. 長期的視点を加えてみる
    3. 失敗ノート

    1日の終わりに
    1. 選択したことの評価をする

    1日のはじまりに
    朝食後の30分〜1時間が脳にとってのゴールデンタイム

    不安への対策
    タクティカルブリージング: 4秒間隔
    数息観
    メントレ(アプリ)

  • コアバリューノート、自分を変えるための10%ルールはぜひ実践したいと思った。

  • Amazonプライムで読みました。
    立ち読みした羽生結弦選手表紙のan・anでも同じ内容を掲載していたので既知の内容もありました。
    これを読んでから選択するということをストレスと捉え、実践したところ、仕事でのストレスが減ったような気がしています。
    知っているだけできっと役に立ちますよ。

  • Kindle unlimitedで読みました。
    結果の求め方や選択のやり方のタイプ付けで、
    まさに結論を急ぐ自発タイプであるのを再確認。
    合理的に後悔しない選択をする点として、
    ①未来を想像する、②ノートで振り返る、③自分の基準を設ける
    など意識していきたいと思います。

  • 事例が多くてとても読みやすかった。
    日常生活でさえ多くの選択に迫られており、選択疲れを感じていた。
    合理的な選択ができるように本書に書かれていることを実践していこうと思う。

全33件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

メンタリストDaiGo(めんたりすと だいご)
1986年生まれ、静岡県出身。新潟リハビリテーション大学特任教授。科学とロジックで超常現象を再現する「メンタリスト」を名乗る。Youtubeチャンネルで定期的に動画を配信、そこで紹介した本の全国的に売上が上がっており、本のインフルエンサーともなっている。代表作として『自分を操る超集中力』。その他にも著作は数多く、おもにメンタリズムと心理術をテーマにしたものが多いが、実践的な目的のための実用・ビジネス書もある。2019年5月28日、『 無理なく限界を突破するための心理学 突破力』を刊行。

後悔しない超選択術のその他の作品

後悔しない超選択術 Kindle版 後悔しない超選択術 メンタリストDaiGo
後悔しない超選択術 Audible版 後悔しない超選択術 メンタリストDaiGo

メンタリストDaiGoの作品

後悔しない超選択術を本棚に登録しているひと

ツイートする