ユリイカ2008年2月号 特集=中島らも バッド・チューニングの作家

  • 青土社
3.68
  • (4)
  • (5)
  • (10)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 51
レビュー : 8
  • Amazon.co.jp ・本 (245ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784791701742

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 処女作「全ての聖夜の鎖」がとてもよい

  • 中島らもの事実上の処女作『全ての聖夜の鎖』が掲載されています。バッド・チューニングの作家。

  • バットチューニング

  • なんといっても黒のページを。

  • らもの処女作読みたさに。みぃや、いしいしんじさん他がらもについて書いてます。

  • ユリイカ08年2月号。<BR>
    特集:中島らも<BR>
    ECD氏の寄稿「アマニタ・パンセリナと僕」が印象深い。「今夜、すべてのバーで」でらも氏が言っている(ゆるやかな自殺)に共鳴した悲しみを書いていて、深く共感せずにいられなかった。<BR>
    それは<BR>
    酒を飲み続けることで「死」を自分の手元に引き寄せ、そんな実感におののきながらも一方では喜びを感じてしまうという緩慢な自殺願望についての経験的考察である。
    僕もまた、どうしてこんなになるまで酒を飲むのか、考え続けている。<BR>
    そして頭の中ではらもさんの「いいんだぜ(無修正バージョン)」が聞こえる…。

  • やっぱ若い頃はかなりお美しいお顔されておりますな。『抱かれたい作家』上位にランクされただけのことはあります。これで小顔だったらアイドルクラスかもね。ただ、高校の頃の写真はこれまたマンガチックにブチャイク。。。
    まー見た目なんてどーでもいーけどね。

全8件中 1 - 8件を表示
ツイートする