ユリイカ2010年6月号 特集=橋本治 『桃尻娘』から『リア家の人々』まで…無限遠の小説家

  • 青土社
3.75
  • (1)
  • (2)
  • (0)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 28
レビュー : 1
  • Amazon.co.jp ・本 (245ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784791702091

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 表紙の高野文子さんのイラストがなんとも懐かしい感じです。橋本治さんは「双調平家物語」からドハマリし、今は「窯変源氏物語」を読んでいて、すごくハマっているのでユリイカ特集号も読みたくなりました。三島の評論とかはあまり取り上げられてなくて、あくまでも新刊「リア家の人々」メインの構成のようです。橋本さんの古典意訳(?)に惹かれる身としては、そちらにもページをさいて頂きたかったです。あと小谷野さん…やっぱり出てくるんですね…。対談も充実してて読みごたえはあります。

全1件中 1 - 1件を表示

著者プロフィール

橋本治(はしもと おさむ)
1948年、東京生まれ。イラストレイターを経て、77年小説『桃尻娘』を発表。『「三島由紀夫」とはなにものだったのか』で小林秀雄賞、『蝶のゆくえ』で柴田錬三郎賞、『草薙の剣』で野間文芸賞を受賞。著書多数。

橋本治の作品

ツイートする