ユリイカ2010年10月号 特集=安倍吉俊 『serial experiments lain』『灰羽連盟』『リューシカ・リューシカ』・・・仮想現実の天使たち (ユリイカ詩と批評)

  • 青土社
3.70
  • (5)
  • (11)
  • (9)
  • (2)
  • (0)
本棚登録 : 159
レビュー : 3
  • Amazon.co.jp ・本 (245ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784791702145

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 対談記事やインタビューで安倍吉俊自らバックグラウンドを語る。囲碁を巡る父親との確執や、日本画で足踏みしたという美大時代など。
    滝本竜彦の評論に「安倍さんの絵は性的吸引力が薄い」、「安倍さんの描く女の子には性や生のエネルギーよりも死の匂いが強く感じられる」とある。あらためてカラーページを見る。すると、どんなに明るい人物にも影がある。ときに死者にすら見えてくる。
    その死者たちが、死者であるがゆえに「灰羽」において見事にストーリーや設定とシンクロし、生き生きとグリの街で活躍したのだと思う。

著者プロフィール

漫画家・ラストレーター。主な作品に『リューシカ・リューシカ』(マンガ)『灰羽連盟』(アニメの原作など))などがある。

「2016年 『僕らはどこにも開かない ‐There are no facts,only interpretations.‐』 で使われていた紹介文から引用しています。」

安倍吉俊の作品

ツイートする