ユリイカ2011年10月号 特集=現代俳句の新しい波

  • 青土社
4.13
  • (3)
  • (3)
  • (2)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 53
レビュー : 3
  • Amazon.co.jp ・本 (229ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784791702282

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 最近は扱うテーマの新規性・話題性で売っていたように感じますが、今月号はそうではなく、ありふれたテーマを深堀りして再確認にするというもの。
    内容も素晴らしくおもしろかったです。有季定型+写実が俳句の主流派である、という見方に媚びることなく、自由律俳句や多行形式などの作風も丁寧に紹介しています。
    勉強になりました!

  • ユリイカさん曰く…俳句にはまったくの門外漢であるけれど、その立場から現代の俳句状況に取り組んでみようかと思ったのです…
    最近、句作を始めた私にとって、とても嬉しいタイミングの特集。
    俳句は一行詩であるべきなのか、多行詩であってもよいのか…?60年代に起きたという前衛俳句運動の波に、多行詩表現があったことを知れたのは、とても興味深く、面白く読みました。

  • 俳句の特集。
    新しい文学的表現の試みが面白かった
    あと最後の電子書籍はつまらない、の話も。
    ことあるごとに電子書籍は言われるね
    途中の詩のコーナーでさりげなくピースまたよしの載ってたし

全3件中 1 - 3件を表示

著者プロフィール

1940年兵庫県生まれ。ドイツ文学者、エッセイスト。著書に『諷刺の文学』『海山のあいだ』『出ふるさと記』『池内紀の仕事場』他。訳書にE・カネッティ『眩暈』、『カフカ小説全集』,G・グラス『蟹の横歩き』他。

「2018年 『澁澤龍彦の記憶』 で使われていた紹介文から引用しています。」

池内紀の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
村上 春樹
川上 弘美
アゴタ クリスト...
川上 弘美
村上 春樹
J.L. ボルヘ...
有効な右矢印 無効な右矢印
ツイートする