ユリイカ2012年10月号 特集=ジョン・ケージ_鳴り続ける〈音) 生誕100年/没後20年

  • 青土社
3.50
  • (1)
  • (1)
  • (4)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 41
レビュー : 2
  • Amazon.co.jp ・本 (253ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784791702442

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • ジョン・ケージ特集。
    ジョン・ケージは昔聴いたような気がするが遠い記憶だ。
    休符のみで3楽章あるという4分33秒とか、遥かウン十年前にやっていたんだから凄いわな。
    フィネガンズ・ウェイクがたびたび引き合いに出されているが、あれ学生時代に途中まで読んで挫折したんだよなぁ。柳瀬訳だっけ。あのダブリングとか特異な訳文、いったいどれくらいの人が理解して読んでいたのだろう。

  • ずぶずぶとケージにはまりかけていたところにあらわれでた救世主?はオノ・ヨーコさんだったからこれはびっくり。「虚構者の言」という20代の文章。容易に平和主義にいたったのではないことをもっと気をつけねば。

全2件中 1 - 2件を表示

著者プロフィール

1912-1992。アメリカの音楽家・作曲家・詩人。邦訳されている著書に『ジョン・ケージ 小鳥たちのために』(対談集、青土社 1982)『サイレンス』(水声社 1996)『ジョン・ケージ著作選』(ちくま学芸文庫 2009)『ブーレーズ/ケージ往復書簡 1949-1982』(みすず書房 2018)ほか。

「2018年 『ブーレーズ/ケージ往復書簡』 で使われていた紹介文から引用しています。」

ジョン・ケージの作品

ツイートする