ユリイカ 2014年9月 臨時増刊号 総特集◎イケメン・スタディーズ

  • 青土社
3.10
  • (1)
  • (1)
  • (6)
  • (2)
  • (0)
本棚登録 : 48
レビュー : 5
  • Amazon.co.jp ・本 (253ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784791702756

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 推薦者 共通講座 准教授 春木 有亮 先生

    *図書館の所蔵状況はこちらから確認できます。
    http://opac.lib.kitami-it.ac.jp/webopac/catdbl.do?pkey=BB50106160&initFlg=_RESULT_SET_NOTBIB

  • 特集 イケメン・スタディーズ

    評論
    ・村田沙耶香「本の中の美しい人」
     『秘密ートップ・シークレットー』(清水玲子)
    ・海猫沢めろん「イケメン文学 そしてこじらせ」
     『人間失格』(太宰治)

  • 男性学を標榜しつつイマジンだけで未着手だった”イケメン学”。ユリイカによる「イケメン・スタディーズ」総特集にはやられた。脱セクシュアリティな顔の認識や「草食系」と暴力、といったテーマを考えていたが、それとは全く違った(興味深い)アプローチで種々の論考がまとまっていた。しかしひとえに巻頭言・千葉雅也さんによる「・・・もはや<容姿を見られ評価されることを女性に比べて弱い引き受けで済ませつつ女性の容姿を見る主体>であるという特権を、どんどん剥奪されていっている。」という「<眼差しの客体>」はどんぴしゃり。これらのテーマでがっつりした論考をもっと読んでみたい。暴力やマスキュリニティ、セクシュアリティという視点もからめつつ、あとクールジャパンな”カワイイ”論からも読んでみたい。哲学、千葉さんの本をもっと読んでみたい。

  • イケメンはキャーコノシャシンカッコイーヤバイーという楽しみ方が一番純粋で素敵なんだけれども、こういった雑誌に取り上げてもらうことはイケメンというカルチャーの深みが増すので歓迎したい。

  • 残念ながら私は載ってません、、、

    青土社のPR
    「特撮ヒーローから舞台俳優、K-POPや読者モデル、佐川男子に草食系、そしてジャニーズ・・・・
    いまやとどまるところを知らない「イケメン」の広がりをどう捉えるのか。
    古代ギリシャの少年愛から世阿弥の「時分の花」、ボードレールのダンディを経て、
    メディアに現れる男性の理想像のいまを見極める。」

全5件中 1 - 5件を表示

鈴木拡樹の作品

ツイートする