ユリイカ 2014年8月号 特集=ムーミンとトーベ・ヤンソン

  • 青土社
4.00
  • (1)
  • (1)
  • (1)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 43
レビュー : 4
  • Amazon.co.jp ・本 (245ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784791702763

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • スウェーデンやフィンランドの感覚が分かって面白い。

  • トーヴェ・ヤンソン生誕100周年の今年はさまざまなムーミン本、ヤンソン本が出版されていますが、『ユリイカ』はユリイカらしく、いろんな視点からの論考・研究・エッセイ・紀行文・インタビュー・対談が掲載されており、興味深く読めました。

    家族、父娘・母娘、フィンランド文学、戦争、アニメ、北欧デザイン、挿絵画家、北の孤島での生活といった切り口からムーミンとヤンソンを分析することにより、ムーミン物語に投影されたヤンソンの人生が浮かび上がります。

  • ユリイカを丸まる一冊ちゃんと読んだのはじめてだ。
    とても面白かった。

全4件中 1 - 4件を表示

プロフィール

フィンランドの作家、漫画家、画家(1914-2001)。1945年に処女作『小さいトロールと大洪水』を発表。翌年、ムーミンシリーズ第1弾となる『ムーミン谷の彗星』を書き上げ、1948年に『たのしいムーミン一家』で世界中の注目を集める。それからは『ムーミンパパの思い出』『ムーミン谷の夏まつり』などを次々に出版。1966年に国際アンデルセン賞の大賞を受賞した。

トーベ・ヤンソンの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
米澤 穂信
本屋図鑑編集部
有効な右矢印 無効な右矢印

ユリイカ 2014年8月号 特集=ムーミンとトーベ・ヤンソンを本棚に登録しているひと

ツイートする