ユリイカ 2016年1月臨時増刊号◎総特集=坂口恭平 -『0円ハウス』『独立国家のつくりかた』『現実脱出論』から『家族の哲学』へ・・・複数のレイヤーを生きる

  • 青土社
4.00
  • (1)
  • (3)
  • (1)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 58
レビュー : 3
  • Amazon.co.jp ・本 (237ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784791703005

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 普段は面白そうな論考だけ目を通して読み流してしまうこのも多いユリイカも、坂口恭平特集とあっては頭から足の先まで目を皿にして読むしかない。

    いろいろな方面から刺激的な文章が寄せられているが、個人的なハイライトは藤村龍至さんとの対談で、ここまでずっと「建てない建築家」と散々言われてきた坂口さんが思いのほか生真面目に建築思想を学んでいて、この先「何かを建てる」準備を着々と進めているのでは、と思わせるところ。

    これは買って手元に置いておきたい素晴らしい特集。

  • 建てない建築家、ドローイング、小説、エッセイ、歌、新政府内閣総理大臣など多彩な活動を躁鬱の狭間で展開する芸術家を様々な論客が論じる。多角的に評論するほどその存在と活動がレイヤーとして浮かぶ。今後の更なる活躍を祈りたい。

  • さて、どなたが寄稿しているのだろうか。本人の言葉が強いだけに、第三者がどのように坂口恭平を語るのか興味深い。

全3件中 1 - 3件を表示

著者プロフィール

1978年、熊本県生まれ。早稲田大学理工学部建築学科卒業。2004年に路上生活者の住居を撮影した写真集『0円ハウス』(リトルモア)を刊行。以降、ルポルタージュ、小説、思想書、画集、料理書など多岐にわたるジャンルの書籍、そして音楽などを発表している。
躁鬱病であることを公言し、希死念慮に苦しむ人々との対話「いのっちの電話」を自らの携帯電話(090-8106-4666)で続けている。
12年、路上生活者の考察に関して第2回吉阪隆正賞受賞。14年、『幻年時代』で第35回熊日出版文化賞受賞、『徘徊タクシー』が第27回三島由紀夫賞候補となる。16年に、『家族の哲学』が第57回熊日文学賞を受賞した。現在は熊本を拠点に活動。2023年に熊本市現代美術館にて個展を開催予定。最新刊に『自分の薬をつくる』『cook』(晶文社)、『苦しい時は電話して』(講談社現代新書)、『pastel』(左右社)など。

「2021年 『お金の学校』 で使われていた紹介文から引用しています。」

坂口恭平の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
平野 啓一郎
坂口 恭平
植本一子
坂口 恭平
ドストエフスキー
佐藤 雅彦
エラ・フランシス...
坂口恭平
ドストエフスキー
都築 響一
坂口恭平
坂口 恭平
有効な右矢印 無効な右矢印

ユリイカ 2016年1月臨時増刊号◎総特集=坂口恭平 -『0円ハウス』『独立国家のつくりかた』『現実脱出論』から『家族の哲学』へ・・・複数のレイヤーを生きるを本棚に登録しているひと

ツイートする
×