ユリイカ 2019年10月号 特集=トニ・モリスン ―『青い眼がほしい』『ソロモンの歌』『ビラヴド』『神よ、あの子を守りたまえ』―

  • 青土社
3.00
  • (0)
  • (0)
  • (1)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 15
レビュー : 1
  • Amazon.co.jp ・本 (229ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784791703753

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 特集はアフリカ系アメリカ人の物語を書き続けた作家、トニ・モリスン。実はこの方の作品を一つも読んだことがない。ただ、ここ最近この手の話題をよく目にするようになって(おそらくアメリカの現大統領が起因であろうと思う)興味が湧いた。

    トニ・モリスンが今までのアフリカ系アメリカ人の作家と違うのは、白人対黒人という二極対立を描いたものではなく、あくまで黒人コミュニティの中での出来事を一人の人間の物語として描いたところにある、ということらしい。それで思い出したことがある。オプラ・ウィンフリー
    が自身の番組「ブッククラブ」でタナハシ・コーツの「the water dancer」を取り上げた時に「『奴隷』という人はどこにも居ない。『奴隷と呼ばれていた人たち』がそこにいた」という趣旨を述べていた。レッテルを貼ってその立場に置かれた人達を一括りに語る事はわかりやすく容易い。しかしレッテルを貼る前にその人達はそれぞれ生き方も考え方も違う。トニ・モリスンはそれを提示したかったのではないか。

    それを確かめるために読んでみることにする。
    全く知らない作家の書評を先に読んでから、その作品に触れてみるのも面白い気がする。

全1件中 1 - 1件を表示

著者プロフィール

西加奈子(にし かなこ)
1977年、イランのテヘラン生まれ。エジプトのカイロ、大阪府堺市で育つ。関西大学法学部卒業。雑誌「ぴあ」のライターを経て、2004年『あおい』でデビュー。
2007年『通天閣』で織田作之助賞大賞、2011年咲くやこの花賞、2013年『ふくわらい』で第1回河合隼雄物語賞、2015年『サラバ!』で第152回直木三十五賞を受賞。
その他代表作として、宮崎あおい・向井理出演で映画化された絵本『きいろいゾウ』、同じく映画化された『円卓』、20万部を超えるベストセラー『さくら』、本屋大賞ノミネート作『i』など。2020年初夏、『さくら』が映画化決定。プロレス好きとして知られる。お気に入りの本は『アントニオ猪木詩集』。

西加奈子の作品

ユリイカ 2019年10月号 特集=トニ・モリスン ―『青い眼がほしい』『ソロモンの歌』『ビラヴド』『神よ、あの子を守りたまえ』―を本棚に登録しているひと

ツイートする
×