現代思想2007年10月号 特集=温暖化の真実

  • 青土社
3.33
  • (0)
  • (1)
  • (2)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 10
レビュー : 4
  • Amazon.co.jp ・本 (222ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784791711697

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 読むべき価値のある論考を見定めるのも読者の仕事。

  •  通常の連載に加えて、本号では特集として、地球温暖化についての論文がいくつか収録されています。養老孟司氏の小論(談)や、池田清彦氏と伊藤公紀氏の対談など、この問題について多角的に焦点を当てています。今回は、個人的な関心から、178-186ページの宗像慎太郎氏「地球環境問題と科学的不確実性」を特に精読しました。なお、米国・ゴア氏による『不都合な真実』(2006年映画公開、日本では翌年)が反響を呼んだ後の状況下での特集であり、その後の「クライメイトゲート事件」も含めて、温暖化問題を取り巻く状況にも現在ではやや変化があることには留意が必要だと思います。

  • 自分のテーマでもあるわけで.

  • 池田先生の対談目的でかったら
    竹内さんの書もあった!

全4件中 1 - 4件を表示

現代思想2007年10月号 特集=温暖化の真実を本棚に登録しているひと

ツイートする