現代思想2011年6月号 特集=TPPから考える 地方と復興のかたち

  • 青土社
5.00
  • (2)
  • (0)
  • (0)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 11
レビュー : 3
  • Amazon.co.jp ・本 (230ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784791712281

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • FTAという枠組み自体が大企業、多国籍企業に有利であり、一般市民や労働者、中小企業には不利である。
    TPPによって打撃を受けるのは農業だけではないのに、メディアが農業問題のことしか取り上げない。
    労働の移転が重要な問題になる。

  • 原発事故以来、突如として食糧の危機に見舞われることとなった列島。過去の偽装問題も問題のまま、TPPの存在は日本国家にとって日々変動中。入り口として、日々のニュースを追う糸口が満載。

  • 原発事故以来、突如として食糧の危機に見舞われることとなった列島。過去の偽装問題も問題のまま、TPPの存在は日本国家にとって日々変動中。入り口として、日々のニュースを追う糸口が満載。

全3件中 1 - 3件を表示

ガヤトリ・チャクラヴォルティ・スピヴァクの作品

現代思想2011年6月号 特集=TPPから考える 地方と復興のかたちを本棚に登録しているひと

ツイートする