• Amazon.co.jp ・本 (222ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784791712526

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 2014/10ぱらぱらめくってみた。チューリング映画の予習のつもりだったけれど、伝記的な要素はあまりなく。チューリングパターン、マシン、テストの多方面からの考察など。

  • ドミニクチェンの章が自分の興味範囲とかぶっていてよかった。コミュニケーションや共生をからめた数理モデルについての流れをおえる。構造主義〜構築主義流れのラディカル構成主義、Varela, Robin Milner, Denettを読もうと思った。

  • チューリング関係の論文が多数掲載。硬派の雑誌だが興味あって初めて買った。「人間は計算可能であるか」など、タイトルだけで興味そそる論文多数。おもしろい。

全3件中 1 - 3件を表示

円城塔の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
ヴィクトール・E...
ジェイムズ・P・...
伊藤 計劃
ウィトゲンシュタ...
有効な右矢印 無効な右矢印

現代思想2012年11月臨時増刊号 総特集=チューリングを本棚に登録しているひと

ツイートする
×