現代思想imago 総特集=ヴィクトール・E・フランクル

  • 青土社
5.00
  • (2)
  • (0)
  • (0)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 32
レビュー : 4
  • Amazon.co.jp ・本 (262ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784791712595

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 斎藤環「私は性格が悪いので、現在のフランクル受容が、いささか「相田みつを」的なものになってはいないかとの懸念がどうしても捨てきれない」。我が意を得たりの感あり。

    烏兎の庭 第四部 書評 6.1.13
    http://www5e.biglobe.ne.jp/~utouto/uto04/bunsho/yorukiri.html

  • 気になる人物を特集した臨時増刊号はなるべく買うようにしている。今、ぜんぶ読まなくても、後日手に取るきっかけが訪れることが多いからだ。そして、こうした臨時増刊号は、増刷があまりされず「読みたい」と思ったときには入手しづらい…ことも多いので。
    取り急ぎ、姜尚中と池田香代子の対談は興味深く読んだ。

  • 収容所経験の以前からフランクルが生きる意味について深く考えていたと初めて知った。その深い思考こそがフランクルに収容所での生活に耐えさせ、解放後に知った最愛の家族の死に耐えさせ、数々の名著を著させた。彼が人びとに与え続けている影響の大きさを本書で改めて知った。様々な分野で活躍する人びとが、それぞれにフランクルをどう読んだのか、彼・彼女の人生とどのように交差したのか著している。特に良かったのは、世田谷区一家殺害事件の遺族である入江杏さんと批評家の若松英輔さんの対談。大切な人を失った経験を持つ二人が、死者について、悲しみについて語ったもの。死者が不可視な隣人になり、生者の中で物語を紡ぎだしているという視座は大切な人の喪失の経験のある人びとの胸を打つのではないだろうか。フランクルの著作とともに、再度読み返したいと思える一冊。

  • 池田香代子と姜尚中の対談は外せないな(ミーハーって言われそう)

    青土社
    http://www.seidosha.co.jp/index.php?9784791712595

全4件中 1 - 4件を表示

著者プロフィール

ヴィクトール・E・フランクル(Viktor Emil Frankl)
1905年、ウィーンに生まれる。ウィーン大学卒業。在学中よりアドラー、フロイトに師事し、精神医学を学ぶ。第二次世界大戦中、ナチスにより強制収容所に送られた体験を、戦後まもなく『夜と霧』に記す。1955年からウィーン大学教授。人間が存在することの意味への意志を重視し、心理療法に活かすという、実存分析やロゴテラピーと称される独自の理論を展開する。1997年9月歿。
著書『夜と霧』『死と愛』『時代精神の病理学』『精神医学的人間像』『識られざる神』『神経症』(以上、邦訳、みすず書房)『それでも人生にイエスと言う』『宿命を超えて、自己を超えて』『フランクル回想録』『〈生きる意味〉を求めて』『制約されざる人間』『意味への意志』(以上、邦訳、春秋社)。

ヴィクトール・E・フランクルの作品

ツイートする