現代思想 2015年11月号 特集=大学の終焉 -人文学の消滅-

  • 青土社
4.33
  • (1)
  • (2)
  • (0)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 21
レビュー : 1
  • Amazon.co.jp ・本 (245ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784791713080

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 「現代思想」の大学特集は毎回楽しみにしている。改めてその理由を考えてみた。多分こういうことが背景にあると思う。職場というではないのだが、ある組織に所属していると、構成員間で考え方や意見が自ずと似通ってきて、相互に共鳴し合うことが多くなる気がしている。さらに教育社会学から専門分化した高等教育論の論考を中心に読むことで、ディシプリン内にいる心地良さを無意識のうちに求めていたのかもしれない。本書はそうした状況を、一度解放してくれる貴重な雑誌である。

全1件中 1 - 1件を表示

プロフィール

うかい・さとし
一橋大学大学院言語社会研究科教授。
哲学、フランス現代思想。
主著
『償いのアルケオロジー』(河出書房新社)、
『抵抗への招待』(みすず書房)、
『応答する力――来るべき言葉たちへ』(青土社)、
『主権のかなたで』(岩波書店)、
『ジャッキー・デリダの墓』(みすず書房)。
訳書に
ジャック・デリダ『他の岬――ヨーロッパと民主主義』、
『盲者の記憶――自画像およびその他の廃墟』、
『友愛のポリティックス(1・2)』、
『ならず者たち』(以上、みすず書房)など。

現代思想 2015年11月号 特集=大学の終焉 -人文学の消滅-のその他の作品

鵜飼哲の作品

ツイートする