• Amazon.co.jp ・本 (229ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784791713097

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 寄稿は石黒浩、茂木健一郎、竹内薫、ドミニク・チェン他。思想の課題は既に「ポスト」シンギュラリティへ。さらに12.1発売のWIRED(VOL.20)も特集がA.I.(人工知能)だ。ビジネス的にも期待を担う人工知能。まだまだ目が離せない。 amzn.to/1LtWQZd

全2件中 1 - 2件を表示

著者プロフィール

新井 紀子(あらい のりこ)
1962年、東京都小平市生まれの研究者。国立情報学研究所社会共有知研究センター長・教授。専門は数理論理学、遠隔教育。東京都立国立高等学校、一橋大学法学部を経てイリノイ大学数学科に留学し、同大学数学科大学院修士課程に進学。1990年に修士号を取得。帰国後の1994年に一橋大学法学部を卒業、専業主婦を経て広島市立大学情報科学部助手に着任。1997年東京工業大学博士。2006年から国立情報学研究所教授。
代表作に『AI vs.教科書が読めない子どもたち』。同作で2018年日本エッセイスト・クラブ賞、山本七平賞を受賞している。

現代思想 2015年12月号 特集=人工知能 -ポスト・シンギュラリティ-のその他の作品

新井紀子の作品

現代思想 2015年12月号 特集=人工知能 -ポスト・シンギュラリティ-を本棚に登録しているひと

ツイートする