現代思想 2016年3月号 特集=3・11以後の社会運動 (青土社)

  • 青土社
4.00
  • (0)
  • (1)
  • (0)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 13
レビュー : 1
  • Amazon.co.jp ・本 (246ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784791713189

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • ・<官邸前>から<国会前>へ。小熊英二、ミサオ・レッドウルフ、奥田愛基による対談。

    マスメディアに取材経験がない
     従来の枠組みでしか報道できない

    日本の特殊性
     広場がなく仕方なく官邸前国会前
      対象が眼前で動かないのでデモより参加しやすい
      金曜日に続けることで場を維持してきた
       音などなし崩しに認めさせてきた

    SEALDSは学生を強調
     英語もあるコール:年寄りは来なくてもいい
     学生だから学者を引っ張ってこれた

    首都圏反原発連合はカンパを集めて専従的な人に給与

    3割の固定票 多数派の共通点は「舐められている」だけ
    クラウド型の運動には限界。旗を立てているだけ
     各地に運動・政治経験者を育てなければ、全国橋下化?


    ・その他の記事

    大井「民主党政権をつぶした4つの要素:官僚制、大手メディア、地方自治体、アメリカ」

    福島生業訴訟は「原賠法にのらない」訴訟:原発推進が前提のスキーム自体を争う。全体救済(=制度化)

    危険派の論文は一面的:「5階から水をかけるたとえ」

    台湾は原子力産業を育ててこなかったから脱原発できた。

全1件中 1 - 1件を表示

プロフィール

小熊英二(おぐま・えいじ)1962年生まれ。慶応義塾大学教授。専攻は歴史社会学。著作に『社会を変えるには』『1968』『平成史』など。

現代思想 2016年3月号 特集=3・11以後の社会運動 (青土社)のその他の作品

小熊英二の作品

現代思想 2016年3月号 特集=3・11以後の社会運動 (青土社)を本棚に登録しているひと

ツイートする