現代思想 2017年7月号 特集=宇宙のフロンティア―系外惑星・地球外生命・宇宙倫理…―

  • 青土社
4.33
  • (2)
  • (0)
  • (1)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 20
レビュー : 2
  • Amazon.co.jp ・本 (246ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784791713486

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 地球外生命は、いる!

    これはおもしろかった。「現代思想」を特集の最初から最後まで読んだのは初めてではないか???

  • めちゃめちゃにおもしろい こういう論考を読んでみたかったのよ
    系外惑星や宇宙生命に関する科学的な観点での現状の理解を解説する記事と、純粋に宇宙倫理学にまつわる思想的な記事とが集められています。前者は飛ばし飛ばししつつ、後者を重点的に読みました。おもしろいのは磯部洋明さんと呉羽真さんの記事。特に大きかった気付きは、天文学・宇宙科学の地球的な視点は個々の人間存在を粗視化することにつながるというハンナ・アーレントの批判。今まではそれは地球という一つの惑星に住まうわれわれ、という意識をうみ地球規模の問題を解決する視点を提供できるものなんだという意識しかなかったけど、確かに視点が広がることは同時に多様性の軽視につながりうる。グローバリズムと構造的には同じだ。しかし良い面があるのも事実だし、それが天文学の効能だと思ってるところはあるし、良い落とし所をみつけたい。
    しかし人類が宇宙に出ることがこれほどAIやらエンハンスメント(人間自体の性能を工学的にいじくって宇宙での適応力をつけること)の問題とかかわってくるとは。でもこれからどうするかというのは完全に自分たちのてのひらの中にあることだから、無関心であることは罪だと思う。シンギュラリティを恐れているだけの人は、選択権が自分たちにあることを自覚すべきだし、それこそ歴史に学べよと思う。必ずしも科学がもたらすのは平穏だけではないということは、唯一の被爆国だからこそ切実であるはずでしょう。

全2件中 1 - 2件を表示

著者プロフィール

科学作家

「2019年 『「文系?」「理系?」に迷ったら読む本』 で使われていた紹介文から引用しています。」

現代思想 2017年7月号 特集=宇宙のフロンティア―系外惑星・地球外生命・宇宙倫理…―のその他の作品

竹内薫の作品

ツイートする