現代思想 2020年9月臨時増刊号 総特集◎コロナ時代を生きるための60冊

  • 青土社
3.50
  • (0)
  • (1)
  • (1)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 52
レビュー : 4
  • Amazon.co.jp ・本 (294ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784791714018

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 何から読むべきか、それが問題だね。。。

    青土社 ||現代思想:現代思想2020年9月臨時増刊号 総特集=コロナ時代を生きるための60冊
    http://www.seidosha.co.jp/book/index.php?id=3460

  • 《大塚が本書で〈ぼく〉と歴史の断絶に言及してから二〇年以上経ったいまでも、日本の男たちは「ぼくたち」の戦後史を語れていないし、語ろうともしていない。「彼女たち」に仮託した語りではなく、自らの個人的体験に根ざした言葉を語ることを、フェミニズムにシンパシーを表明するようなタイプの男ほどむしろ避けている印象すらある。「「ぼくたち」の矮小さを描き出す」ためにこそいまは「彼女たち」について語る、という意識を大塚は持っていたわけだが、現在フェミニズムに寄り添おうとしている(すり寄る、という表現の方が適切かもしれない)男たちは、自らの〈矮小さ〉から目を背けるために、その言説の流れに身をもぐり込ませようとしてはいないか。公的な水準における主体としての「私」の確立の試みから逃げ出し、ひ弱な〈ぼく〉という一人称のなかで生きるために「彼女たち」の存在にすがるようなことだけは、絶対にやってはならない。それではかつて森恒夫や宮崎勤が犯した過ちを、無反省に反復することにしかならない。》(p.252)

  • 【総特集】コロナ時代を生きるための60冊

全4件中 1 - 4件を表示

著者プロフィール

上野千鶴子(うえの ちづこ)
1948年富山県生まれの研究者。専攻は社会学で、女性学やジェンダー研究の第一人者として知られる。東京大学名誉教授。著書に『近代家族の成立と終焉』、『家父長制と資本』(岩波書店)、『おひとりさまの老後』(文春文庫)、『女ぎらい』(紀伊國屋書店)、『ケアの社会学』(太田出版)、『サヨナラ、学校化社会』など多数。

上野千鶴子の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
鈴木哲也
劉 慈欣
マルクス・ガブリ...
パオロ・ジョルダ...
有効な右矢印 無効な右矢印
ツイートする
×