女学生の系譜―彩色される明治

著者 :
  • 青土社
3.20
  • (0)
  • (2)
  • (2)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 12
レビュー : 2
  • Amazon.co.jp ・本 (259ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784791750856

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数

  • いい!ハイカラな感じと言い明治時代の美意識がすてき!
    社会学とジェンダー理論を学ぶ方には必読と言えるのでは?
    他の本田さんの作品も読みたいな♪

  • 女学生についてのレポートを書く際に参考文献として読了。嶽本野ばらが提唱する「乙女」系が好きならきっとおもしろいだろうな、という感想。「乙女」系ではないので、あくまで参考文献としてよんだのだけれど、「海老茶袴」だとか、「束髪」だとか云う単語にときめく。

全2件中 1 - 2件を表示

プロフィール

1931年、新潟県生まれ。お茶の水女子大学卒業。お茶の水女子大学学長を経て、お茶の水女子大学名誉教授。専攻は児童文化論、児童社会史。著書に『それでも子どもは減っていく』『異文化としての子ども』(ともに筑摩書房)、『子どもが忌避される時代』(新曜社)、『変貌する子ども世界』(中央公論新社)、共著に『〈少女マンガ〉ワンダーランド』(明治書院)、『誕生から死までのウェルビーイング』(金子書房)ほか多数。

本田和子の作品

ツイートする