• Amazon.co.jp ・本 (422ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784791751006

作品紹介・あらすじ

フランスの気鋭の民族学者が、石器時代から現代にいたる古今東西の寝室にもぐりこみ、その構造、ベッド、調度、衣裳、男女関係などを詳細に分析。快く眠り、愛を交わすために、人間がいかなる工夫を凝らしてきたかを一望のもとに収めるのエンサイクロペディア。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • [ 内容 ]
    フランスの気鋭の民族学者が、石器時代から現代にいたる古今東西の寝室にもぐりこみ、その構造、ベッド、調度、衣裳、男女関係などを詳細に分析。
    快く眠り、愛を交わすために、人間がいかなる工夫を凝らしてきたかを一望のもとに収める〈寝室〉のエンサイクロペディア。

    [ 目次 ]
    われわれの最初の寝室―先史時代からエジプト期
    寝台の文明―ギリシャ・ローマ
    鐘楼の蔭にて―中世
    感情の時代―ルネッサンス
    寝室をめぐって―古典主義時代
    寝室崇拝―19世紀
    今日の寝室―20世紀
    寝室・村―中南米
    象の中での物音―インド
    部屋の技術―中国
    畳という規律―日本

    [ 問題提起 ]


    [ 結論 ]


    [ コメント ]


    [ 読了した日 ]

全2件中 1 - 2件を表示

松浪未知世の作品

ツイートする