快楽の転移

制作 : Slavoj Zizek  松浦 俊輔  小野木 明恵 
  • 青土社
3.47
  • (2)
  • (3)
  • (10)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 58
レビュー : 1
  • Amazon.co.jp ・本 (407ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784791754250

作品紹介・あらすじ

現代の資本主義に内在する構造的暴力の背景をラカン派マルクス主義の立場からラディカルに分析。また、芸術や思想における「女性」の立場の不定性を検証して権力と性的なるものの相関を明らかにし、メビウスの帯のように表裏が相互に浸透しあう、現代の欲望のダイナミズムを精綴に解き明かした、現代思想の先端的な視座。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 自分の感覚にあうところは注意深く読み、他は斜め読みして読了。
    収穫は少なかった。

全1件中 1 - 1件を表示

著者プロフィール

1949年、スロヴェニア生まれ。哲学・精神分析から、映画・芸術、現代政治まで、縦横無尽に論じる現代思想界の奇才。『イデオロギーの崇高な対象』『ラカンはこう読め!』『ロベスピエール/毛沢東』他。

「2015年 『事件! 哲学とは何か』 で使われていた紹介文から引用しています。」

スラヴォイ・ジジェクの作品

快楽の転移を本棚に登録しているひと

ツイートする