19世紀のロンドンはどんな匂いがしたのだろう

制作 : 片岡信 
  • 青土社
3.78
  • (3)
  • (3)
  • (2)
  • (0)
  • (1)
本棚登録 : 45
レビュー : 4
  • Amazon.co.jp ・本 (566ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784791755356

作品紹介・あらすじ

オースティンの食卓、ディケンズの炉辺。ようこそ19世紀の英国へ。プディングはどうしてイギリス人の大好物になったのだろう。市場で妻を売る話は本当にあったのか。社交界、セレモニー、エチケット、狐狩り、服装、セックス、救貧院など、19世紀イギリスの風俗と習慣を描いた百科全書。付-ヴィクトリア朝小説を読むための手引き。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • [請求記号]2330:137

  • 19世紀のイギリスが舞台の小説を読むうえでも、書くうえでも役立つ本。

  • ただ当時の社会の説明というよりも知り合いや友人に紹介しているような感じ。
    意外とおもしろい2007/11

全4件中 1 - 4件を表示

ダニエル・プールの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
三浦 しをん
ケイト・モートン
谷崎 潤一郎
クリスティン ヒ...
フェルディナント...
ケイト・モートン
フェルディナント...
シャーン・エヴァ...
有効な右矢印 無効な右矢印
ツイートする