武満徹 音・ことば・イメージ

著者 : 小沼純一
  • 青土社 (1999年2月発売)
3.00
  • (0)
  • (1)
  • (4)
  • (1)
  • (0)
  • 本棚登録 :12
  • レビュー :2
  • Amazon.co.jp ・本 (227ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784791757008

作品紹介・あらすじ

武満にとって音楽とは、響きをつむぎ、自然と交感する歓びを私たちひとりひとりと分かち合ういとなみに他ならなかった。水、鏡、夢、庭など、武満を象徴するテーマを読みとき音楽を通して音楽を超える宇宙を召喚したたぐいまれな感性の内奥に迫る。

武満徹 音・ことば・イメージの感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 13年の課題図書にしようか。

  • 1999年に出た本を2010年になって入手。しかもオークションで購入。1999年は私が自営業を始めて数年経っていた。読書はパソコン(マッキントッシュ)のマニュアル本中心で、音楽は沖縄ものに入れ揚げていた時期であった。書店で音楽関係の書を手に取ることもなくなっていた。

    だからこの書も当時の私の意識内に入ることなく通り過ぎていったが、そのうちに私の感知器に触れるようになって来た。武満関係の記事の中にはよくこの書名や著者名があった。

    しかしすぐに本書を求めることはなく放っておいた。先に同じ著者の新書本『武満徹 その音楽地図』を中古で入手し、さらに数年後、ようやく上記のように求めたのが今年2010年であった。

全2件中 1 - 2件を表示

武満徹 音・ことば・イメージのその他の作品

武満徹 音・ことば・イメージ オンデマンド (ペーパーバック) 武満徹 音・ことば・イメージ 小沼純一

小沼純一の作品

武満徹 音・ことば・イメージはこんな本です

武満徹 音・ことば・イメージを本棚に登録しているひと

ツイートする