軽いお姫さま (妖精文庫)

  • 青土社
3.90
  • (4)
  • (1)
  • (5)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 20
レビュー : 6
  • Amazon.co.jp ・本 (211ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784791757459

作品紹介・あらすじ

平凡なことの素晴らしさ。頭の上手な使い方。重力を失ない宙にぷかぷか浮かぶお姫さまの冒険から、人喰い鬼の求婚をウイットでかわす賢い娘の話まで。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • この中のユーイング作の「アメリアと小人たち」が面白かった

  • 小学生の頃に読んだのを見つけて再読。
    懐かしい~! 表紙とか違うからきっと出版社が違うんでしょうが、まあいいや。

    しかし王子様って大変。好きなお姫さまのために命はるって、なかなかできないことですよね。
    そして湖に一緒に飛び込んでデートはなんだか妙にえろいな。

  • 2007.08. 荻原さんの紹介で、読みたくなった「軽いお姫さま」は妖精文庫(全5巻)に収録されていた。表紙に魅了され期待して読み出し、期待以上なふんわり姫でした。体も心(頭)も軽いふんわり姫はまるで、ウンディーネのよう。教訓とかそんなのはあんまり感じられなくて、時々入るおちゃめがおもしろいし、人物描写がすばらしいわ。妖精との生活を送った子も、恐ろしいしっかり娘も、いつか遠くない昔にいたんだろうなと思うと幸せな気持ちになる。やっぱりこういう話は大好きだ。

  • 呪いで重さを奪われてしまったお姫さま。ふわふわと浮き、泣いたことがなく心も軽く、だから恋をしたこともありません。
    そのお姫さまに恋をした一人の王子が、お姫さまのお気に入りの湖が枯れるのを止めるために人柱になることに。それにも心を痛めることのないお姫さま。けれど変化は突然におこります。
    私が読んだのは実はこれじゃありません。「昼の少年夜の少女」って短編と二本収録されたハードカバーの「ふんわり王女」でした。全集の一本だったかと。多分絶版になってます。この「軽いお姫さま」には「昼の少年夜の少女」は収録されていないようで、そっちは別に入手していただくしかないみたいです。

    「昼の少年夜の少女」も込みですごい好きで、G・マクドナルドの本は読み漁った時期がありましたが、結局この2本が一番好きです。

  • 読んだのは岩波の児童文庫版だけど、そっちはno imageだったので、さみしいのでこちらに…。
    これもアーサー・ヒューズの挿し絵が入っていてとても美しかった。こっちにも入ってるのかな?

全6件中 1 - 6件を表示

ジョージ・マクドナルドの作品

ツイートする