アビ・ヴァールブルク 記憶の迷宮

著者 :
  • 青土社
3.67
  • (4)
  • (0)
  • (8)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 36
レビュー : 2
  • Amazon.co.jp ・本 (397ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784791759187

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 綿密な文献学的調査に裏打ちされ、卓越した構成力で記され描かれたアビ・ヴァールブルクの評伝。初期のルネサンス研究から、病んだ精神からの快復を喧伝する企図で成された蛇儀礼講演、歩行するニンフへ像への思慕、そして晩年の様々なイメージを同一平面上に配した図像アトラス「ムネモシュネ」へ。ヴァールブルクの辿ったイメージの精神史を、それと抜き差しならぬ関係にあった狂気とともに丹念に析出する。
    そくそくとヴァールブルクの身にせまる古代への憧憬。古代ギリシャへの神々が跋扈する異教的でそれゆえに蠱惑的なイメージと、往時の芸術作品が偲ばせる静謐で美しいイメージ。これらは単なる二項対立ではなくその両極が絶え間なく反転しつつ共存するファンタスムの中に存する。論理と魔術の、情念と定型の、転義と隠喩の振幅のうちにヴァールブルクは「一本の幹に接ぎ木されて花開く」。

  • ★内容もえらいこと面白いんだが、編集がまた秀逸。今まで読まずに損した(4年前にあることで競った本だから知ってたんだけど ^^;)。
     仕事そっちのけで読んだ。

全2件中 1 - 2件を表示

著者プロフィール

1955年東京生まれ。開成中学校・高等学校、国際基督教大学(ICU)教養学部教育学科卒業。神経研究所附属晴和病院、南新宿診療室を経て中学高等学校教諭となる。公文国際学園開校準備に参加し、開校後は学校カウンセラーとして勤務。現在は赤坂溜池クリニックやNISE日能研健康創生研究所等でカウンセリングやコンサルテーションを行っている。学生・生徒、勤労者などのカウンセリングや心理予防教育、家族や組織へのコンサルティングに加え、がん患者と家族の心理的支援などを専門領域としている。2011年にコミュニティ・カウンセラー・ネットワークを立ち上げ、ストレスマネジメント101(基礎講座)などを通じて、子どもにもできるストレスマネジメントの生活習慣をこれまで1万人以上に伝えてきている。東日本大震災をきっかけに“みんなの身近に心の安全地帯をつくる”ことを目的としてコミュニティ・カウンセラーの養成も始めている。2014年2月より一般社団法人コミュニティ・カウンセラー・ネットワーク代表理事。著書『ストレスに負けない家族をつくる』みくに出版、共著『小児がんピアサポーターガイドブック』創英社/三省堂書店。

「2016年 『中学受験は挑戦したほうが100倍子どものためになる理由』 で使われていた紹介文から引用しています。」

田中純の作品

ツイートする