不倫のDNA―ヒトはなぜ浮気をするのか

制作 : David P. Barash  Judith Eve Lipton  松田 和也 
  • 青土社
4.33
  • (2)
  • (0)
  • (1)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 13
レビュー : 3
  • Amazon.co.jp ・本 (370ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784791759200

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 2013/07/14再読。この本は重要だったな。

  • (ヒトを含む)動物や鳥類などでは単婚(一夫一婦制)が多く観察されていたが、DNA鑑定技術で調べてみると、パートナーに隠れてEPC(つがい外交尾)が日常化しており、それが子孫の継続戦略にとっては当然なことであることがわかった。これまで道徳、社会規範、倫理、キリスト教が「不倫」の妄想を戒め、実践者に自己嫌悪を与えて来たが、これは多くの善男善女にとって、悪魔的魅力で実践への勇気を奮い立たせる、真面目でムツカシイ学術書である。

全3件中 1 - 3件を表示

不倫のDNA―ヒトはなぜ浮気をするのかのその他の作品

1-B0002OUQU8の詳細を見る ハードカバー 1-B0002OUQU8 デイヴィッド・バラシュ
Myth of Monogamy: Fidelity and Infidelity in Animals and People ハードカバー Myth of Monogamy: Fidelity and Infidelity in Animals and People デイヴィッド・バラシュ
The Myth of Monogamy: Fidelity and Infidelity in Animals and People ペーパーバック The Myth of Monogamy: Fidelity and Infidelity in Animals and People デイヴィッド・バラシュ

不倫のDNA―ヒトはなぜ浮気をするのかを本棚に登録しているひと

ツイートする