黒沢清の恐怖の映画史

著者 : 黒沢清 篠崎誠
  • 青土社 (2003年7月1日発売)
4.10
  • (7)
  • (8)
  • (5)
  • (0)
  • (0)
  • 本棚登録 :48
  • レビュー :5
  • Amazon.co.jp ・本 (332ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784791760534

黒沢清の恐怖の映画史の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 苦手だったホラー映画だったが、この一冊で映画の観方も変わりそう。

  • 恐怖映画、というよりも、怪奇映画の好みを順序よく辿りつつ雑談をする、という感じ。
    ふたりのシネフィル具合がわかる。
    個人的にツボだったのは、黒沢清が「あれ泣けたよね」と連発しているところ。
    泣く対象が対象だけに、どこかしら奇妙なおもしろみ。

    死の恐怖の有無や強さにより、恐怖映画、怪奇映画、幻想映画と分類できる。
    「死の機械」への憧れ。
    などなど。

  • 【目次】
    序章 それは恐怖のミイラから始まった
     歩く死人の顔−−『恐怖のミイラ』/閉めたドアの向こう側−−『マタンゴ』/死体が見える−−『生き血を吸う女』

    1『生き血を吸う女』と運命の機械
     運命の風車小屋/生と死のあわい/崩壊する世界/封印された機械/取り憑かれし者
    死の機械が発動する映画 黒沢清セレクション
     『吸血鬼』/『恐怖の振り子』/『残酷の沼』/『ファンハウス/惨劇の館』/『マングラー』/番外・日本編:『犬神の悪霊タタリ』と「起き上がりこぼし」の系譜

    2吸血鬼ドラキュラと六○年代ハマー・フィルムの盛衰
     原点としてのドラキュラ/さわれる幽霊/ドラキュラの原理/クリストファー・リーとドラキュラ/テレンス・フィッシャーの活劇演出/美青年系ドラキュラ/吸血鬼の系譜/いまドラキュラを撮るなら/日本の吸血鬼/『フランケンシュタインの逆襲』−−ハマー・ホラーの出発点/ユニバーサル映画−−ハマー全史/『悪魔の花嫁』『魔獣大陸』−−ハマー後期/1968−−ハマーの終わりと『ナイト・オブ・ザ・リビング・デッド』/半漁人とハマーにおける怪奇
    ハマーの怪物たち
     フランケンシュタイン/狼男/妖女ゴーゴン/吸血ゾンビ/蛇女/ミイラ男

    3マリオ・バーヴァとヨーロッパ怪奇の神髄
     『呪いの館』−−わからない,わからない,わからない……/串刺し主義/幻想,恐怖,怪奇/恐怖が到着するとき/『白い肌に狂う鞭』−−怪奇映画とはこれだ/『顔のない眼』−−酷すぎる親子関係/『スウィートホーム』−−封印された顔/『回路』−−新しい怪奇へ
    新たなるジャンルを求めて
     少女が襲う−−『悪魔の首飾り』/少年が襲う−−『ザ・ショック』/拷問器具−−『顔のない殺人鬼』/死の機械−−『黒死館の恐怖』/美女の皮を剥ぐ−−『狂ったメス』

    4トビー・フーパーと生から死への緩やかな移行
     『悪魔のいけにえ』との遭遇/『悪魔のいけにえ』は本物だ!/『悪魔のいけにえ』の車窓と時間/『悪魔の沼』『死霊伝説』『ファンハウス』と崇高な責任感/『ポルターガイスト』はスピルバーグ印か?/『スペースバンパイア』の愛が成就するとき/『スポンティニアス・コンバッション』と世界の終わり/『悪魔のいけにえ2』は逆走する/『スペースインベーダー』で笑えるか?/『マングラー』の洗濯機が,まさか……/串刺し主義ふたたび/緩やかな死への軌跡/『レプティリア』のワニが人を消す!
    黒沢清,フーパーに会う
     フライシャー!/ウド・キアー!/呪われた作家?

    5アメリカン・ホラーの知恵と勇気
     特殊メイクを見まくる・ジョージ・A・ロメロとゾンビの系譜/ジョン・カーペンターと生き残る二人/デヴィッド・クローネンバーグとピストル/ブライアン・デ・パルマは幽霊を撮ったか/現代アメリカのリアル
    『CURE キュア』とアメリカ映画を比較する
     『絞殺魔』−−回想の混乱/『エクソシスト3』−−画面の中で何かが起こる/『ジョーズ』『悪魔のいけにえ』−−2カットこぼれる音

    終章 恐怖の星の下に生まれて
     古典と過剰さ/六○年代を全否定せよ/恐怖への欲望/『白い肌に狂う牙』−−エレベーターと渦巻/無意識への怪奇

    編者あとがき(樋口泰人)

  • 黒沢清、篠崎誠両監督によるホラー映画にまつわる対談集。お二人とも根っからのホラー映画好きなので、とりあげる作品もその語り口も並のマニアじゃ叶わないほどディープかつユニーク。

全5件中 1 - 5件を表示

黒沢清の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
伊坂 幸太郎
蓮實 重彦
中原 昌也
中原 昌也
有効な右矢印 無効な右矢印

黒沢清の恐怖の映画史はこんな本です

ツイートする