さまよえる影 (Echo‐monde:collection fiction fran〓aise)

制作 : Pascal Quignard  高橋 啓 
  • 青土社
3.80
  • (3)
  • (3)
  • (3)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 36
レビュー : 3
  • Amazon.co.jp ・本 (253ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784791760619

作品紹介・あらすじ

人間は起源を忘れて彷徨する影だ-。忘れられた歴史への洞察と物語の断片を結晶化させ、世界への祈りへと到達する、畏怖すべき思考の軌跡。仏読書界に衝撃を与えたゴンクール賞受賞作品。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 訳註を読むとキニャールはどうやら中国語ができるらしい、それも古典を訳せるだけの。ところどころオオエ(大江匡房?)とか、日本の古典に通暁しているところも匂わせる。彼のアフォリズム的行間に漂う切なさは、東洋由来の香辛料のようなものかもしれない。

  • 怒りや悲しみが沸点を超え誰かにぶちまけ発散していた時期から、行き場のない感情を内に秘め蓄積させ、書物の中に閉じこもり凌ぐようになったのはいつの頃からだったか。それは息苦しいけれど尊い行為だ。その尊さを実感するに充分すぎる読書だった。影に追いすがり影を纏いながら切り傷といくつもの痣を拵え「それがいまのわたし」と言い切ろう。痛みは常に過去に起因する。逃げようもない。なんと私は影をさまようこの湿った書物に励まされたのだ。大声で叫びあげるシュプレヒコールなど表層にすぎない。影に震える不可視の空間に真のの反骨を見出す。

  • 詩なのか、アフォリズムなのか・・・。
    著者いわく私の夢は、モンテーニュの『エセー』を『千夜一夜物語』のなかに組み入れることだった。
    時代・世界を縦横無尽に駆け巡る著者の博識恐るべし。
    谷崎や和泉式部への言及もあり、自国のことすらこの人より知らない自分を恥じました…。
    思考がついていけず、読むのにずいぶん時間かかったなぁ。
    これからも何度も読み返すであろう大切な書。

全3件中 1 - 3件を表示

さまよえる影 (Echo‐monde:collection fiction fran〓aise)のその他の作品

Les ombres errantes ペーパーバック Les ombres errantes パスカル・キニャール

パスカル・キニャールの作品

ツイートする