神道 (シリーズ世界の宗教)

制作 : Paula R. Hartz  山内 春光 
  • 青土社
3.17
  • (0)
  • (2)
  • (3)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 14
レビュー : 1
  • Amazon.co.jp ・本 (187ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784791760886

作品紹介・あらすじ

厳密かつ中心的な教義・聖典をもたず、神や自然との調和を重んじ今日までいきづいてきた精神世界とは。歴史、儀礼、思想、他宗教の影響も含め、世界宗教の視点から捉え直す新鮮な神道入門。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • アメリカ人の著者による、神道を解説した本。
    様々な宗教について述べるシリーズからの一冊らしく、海外での出版企画からの翻訳と思われる。

    内容は大まかに以下のようなものでもりだくさん。だけど、他の宗教と比較して特異な点、重要な点が押さえてある。

     [神話の概要 / 歴史 / 儀礼 / 行事 / 神社 / 現在]

    また文章は噛み砕かれていて理解しやすく、入門篇としてよく考えられているなあと思った。


    読んでいると、日本人なら当たり前として見過ごされてしまうが、そうでなければめずらしいと思うような内容があり、あっと思う。
    普段自分は神道というものをあまり意識していないで生活している。これはある意味で幸せなことかもしれないけれど、危険なことのような気もする。

    同質な日本人同士の関係で見過ごされがちな、宗教的世界観というもの。
    その自覚すらないことは、世界からすれば大事な認識が抜けていることであって、いつかなにか間違った行動に走る遠因になるのではないか。という気がする。
    人はそれぞれ違うということに気がつきもしない、日本はそうさせやすい環境になっているのではないのか。
    この本を読んでいると、そういうことに注意が向くようになる。

    日本の出版社の神道の本は観光とか歴史研究とかそういうものが多く、他の地域の宗教や暮らしと比較して考えさせてくれるものは少ない。
    そういう点でもこの本は良いと思う。

全1件中 1 - 1件を表示

ポーラ・R.ハーツの作品

ツイートする