生命のかたち/かたちの生命

著者 :
  • 青土社
3.60
  • (1)
  • (1)
  • (3)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 23
レビュー : 2
  • Amazon.co.jp ・本 (240ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784791762163

作品紹介・あらすじ

それ自体は、かたちをもたない生命が、地上に現われたとたんに、かたちをもつということ、それは何を意味するのか-感性による現象学が、分裂病の精神病理学を越えて、"生命"の根拠を問い、新たなる人間学の胎動に耳を澄ます。精神病理学の新しい風景。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 「生きているもの」を「もの」ではなく「こと」から捉えることについて書かれた本。
    生きている主体を主体性から捉える。人間学的にとらえる。「根拠関係」の中で理解する。これらは同じ意味を持った言葉の反復である。

  • いずれ自分が何処へ行くのかわからないけれども(まったくいろんな意味で)、こここそ祖国なのだと、崩壊寸前のヘルダーリンから学ぶ。教典を放棄する現象学的人間学の教典。

全2件中 1 - 2件を表示

プロフィール

1931年生まれ。1955年、京都大学医学部卒業。京都大学名誉教授。河合文化教育研究所主任研究員。精神病理学専攻。1981年第3回シーボルト賞(ドイツ連邦共和国)、1985年第1回エグネール賞(スイス、エグネール財団)、2003年第15回和辻哲郎文化賞受賞。

生命のかたち/かたちの生命のその他の作品

木村敏の作品

ツイートする