波状言論S改―社会学・メタゲーム・自由

  • 青土社
3.50
  • (16)
  • (21)
  • (66)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 276
レビュー : 16
  • Amazon.co.jp ・本 (353ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784791762408

作品紹介・あらすじ

保守主義とラディカリズム、「あえて」とアイロニー、2ちゃんねるとSNS、弁証法と動物化、イデオロギーや世代の差異を越え、思想的課題を語りつくす。宮台真司、北田暁大、大澤真幸、鈴木謙介と東浩紀が、メタな理論とベタな現実の往復運動=批評を実践する、画期的鼎談集。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 東読んでみよかな
    宮台真司への発言が結構えぐい
    でもきちんとした話だと思うから不快じゃない

  • 図書館で借りた。
    おもしろいと感じた部分だけコピーした

  • 日本の現代思想で目立っている人たちが語り合う本。掛け合いがすごく指摘的で、それぞれの著書よりもひょっとすると刺激的。

    特に「アイロニカルな没入」(それがくだらないと相対性を持ちつつあえてコミットする態度)辺りの論点はかなり興味深かった。それはすなわち宮台氏のスタンスへの検討・批判でもあるわけであり、同時に僕らがどのようなスタンスで物事にコミットしていくべきかの示唆にもなっている。

    個人的な印象としては、宗教的なコミュニティというものの強さというのはやはりあるわけで、そのへんを忌避しようとしているように見える宮台氏がやや自己矛盾的な態度に陥ってしまっているのは必然的なのかなと思う。

    この本に出ているような話を、最近のコミュニティ論あたりと混じえて考えていくと次世代の方向性がなんとなく見いだせるような気がするので、そのへんを検討していきたい。

  • 今の社会は、論理的必然性の敗北の上に成り立っていると思う。だからこそ
    人は狂騒するし、ナショナリズムなどのイデオロギーの罠にもかかりやすいのだと思う。そこで必要なのは、論理的必然性ではなく。必然性を失い、叫び声をあげる人々の裡で蠢く論理の鎖を解くことにある。しかし、そういう現象の中で、一体どういうことが出来るのか。そういうところに、現代の批評、思想体系の分岐点があるのだと感じる。批評や思想が信じられないからこそ、人は安楽を求め、狂気に陥るのだから。

  • 最近有名になってきている人の本なので気になった。

  • 高岸にもらった

  • 脱社会的存在は遺棄されねばならない
    終わらないメタゲーム

  • 2007/9/9購入

  • 積読

  • 対談集。だいぶ前に読んだまま、忘れていた。大澤真幸氏との対談が読みたくて購入。『自由とは何か』の続編みたいな?

全16件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

東浩紀(あずま ひろき)
1971年東京生まれ。批評家・作家。ゲンロン代表。東京大学大学院総合文化研究科博士課程修了(学術博士)。専門は哲学、表象文化論、情報社会論。
著書に『存在論的、郵便的』(サントリー学芸賞思想・歴史部門)、『動物化するポストモダン』、『クォンタム・ファミリーズ』(第23回三島由紀夫賞受賞作)、『一般意志2.0』、『弱いつながり』(紀伊國屋じんぶん大賞2015受賞作)ほか多数。『ゲンロン0 観光客の哲学』は第5回ブクログ大賞人文書部門、第71回毎日出版文化賞受賞作。

東浩紀の作品

波状言論S改―社会学・メタゲーム・自由を本棚に登録しているひと

ツイートする