ソナチネの木

著者 :
制作 : 安野 光雅 
  • 青土社
4.08
  • (13)
  • (4)
  • (7)
  • (2)
  • (0)
本棚登録 : 77
レビュー : 10
  • Amazon.co.jp ・本 (50ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784791762842

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 岸田衿子さんの4行詩が50編。そこに安野光雅さんの絵。
    行間からかすかな音楽が聞こえて来そうな美しい詩集でもあり、古代文字と壁画のような絵は黄ばんだ紙に描かれ、うっすらと楽譜が透けて見えてなんとも幻想的。

    どの詩にもタイトルはない。
    それぞれは繋がってるようで、繋がっていないようでもあり。
    記憶の欠片を拾いながら、パズルを丹念に合わせるようにゆっくりゆっくり読み進む。

    「小鳥が一つずつ
     音をくわえてとまった木
     その木を
     ソナチネの木 という」

    この4行で始まる。ここからすでに、心は本の中に旅に出る。

    「島に出会うたびに
     わたしはその島に
     じぶんを ひとりずつ
     おいてきてしまう」

    ああ、そう、そのつぶやきはおそらく私のものでもある・・
    砂に埋もれたまま久しく忘れていた面影が、懐かしくよみがえる。

    「なぜ 花はいつも
     こたえの形をしているのだろう
     なぜ 問いばかり
     天から ふりそそぐのだろう」

    テキストは時にぐにゃりと曲がり、絵の外に転がり出ていたり逆さまになっていたり。
    その装幀ごと、胸の奥に語り掛けてくる。
    ほらね、ここにあった。あなたの探していたものが。

    この本を開くと、はるかな国の青い海や草原を吹く風に出会える。
    遠くで鳴る鐘の音が聞こえる。アッシジのまひるの城跡に入り込める。
    今見えている日々とは、違う時間がここに流れている。

    暑さが和らぐ夕方、庭の片隅で風に吹かれながら読んだ一冊。
    読み終えてしまうのがもったいなくて、ひとつの詩を読むたびに眼を閉じ深呼吸をした。

  • 季節や景色がめまぐるしくめぐる
    自分が自然と一体化したよう。

  • 宝石のように美しい本。すべてにおいて完璧☆特に、泣きたくなるくらい優しい響きの言葉、暖かみのあるベージュを基調とした光り輝くような絵、そして、本のサイズ(!)もこの作品にピッタリでお気に入り。

  • 読んでいて楽しいの?
    何か為になるの?

    と問われれば「特には…」と答えてしまうけれど、でも
    この本が本棚にあることで少し心が豊かになったりする。

    理解しようとするよりも、滲み出てくる雰囲気を感じる本。

  • 岸田衿子さんの詩に、案野光雅さんの絵がとっても合っていて素敵です。

    昔話の中だったり、海の上だったり、遠い異国の地だったり…。
    ふわふわと漂っている気分です。
    ずっとどこかでオルゴールが鳴っているような心地よさがありました。

  • やさしくてわくわくする詩なのに、なぜかかなしくなった

  • ふわっと優しい風が吹いた後の、静寂がよく似合う詩集でした。ありがたくもあり、寂しくもある孤独感がとても好きです。きっと、世界を愛しているのでしょうね。四行の詩の間から、ぼんやりと光るやわらかい情景が俄かに拡がります。それは草の匂いや水の匂いがたちあがったり、時には世界の音までもが聞こえてきたり、読むこと以上の体験です。そして、ここがいつもスタートラインではないかと思うんです。

  • うつくしい本です。

  • 読んでいると心や体がワープして、とても美しい草原にいる感覚。初めてページをめくった時、何度も鳥肌がたってしまいました。

全10件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

1929年、劇作家・岸田国士の長女として東京府豊多摩郡に生まれる。立教女学院小学校、立教女学院女学校を経て、東京芸術大学油絵科に入学。1955年、谷川俊太郎の勧めで第一詩集『忘れた秋』を発表し、詩人としてデビューした。童話作家としても活躍し、1966年には画家の中谷千代子とコンビを組んだ『かばくん』でドイツ児童図書賞を受賞した。1973年、『かえってきたきつね』で産経児童出版文化賞大賞を受賞。

「2019年 『岸田衿子の詩による無伴奏男声合唱曲 うたをうたうのはわすれても』 で使われていた紹介文から引用しています。」

ソナチネの木のその他の作品

ソナチネの木 単行本 ソナチネの木 岸田衿子
ソナチネの木 単行本 ソナチネの木 岸田衿子

岸田衿子の作品

ツイートする