小説のストラテジー

著者 :
  • 青土社
3.57
  • (11)
  • (15)
  • (34)
  • (0)
  • (1)
本棚登録 : 151
レビュー : 15
  • Amazon.co.jp ・本 (249ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784791762910

作品紹介・あらすじ

フィクションとは、作者と読者が互いの手の内をうかがいながら丁々発止とわたりあう、遊戯的闘争の場である。超一流の書き手にして読み手が、古今東西から選りすぐった実例にもとづき、その戦略・技法の全てを具体的かつ実践的に伝授する。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 著者が大学の講義で行なった内容について、覚書をまとめなおした本のようだ。大学の講義というと、お堅くて眠気を誘うようなものを想像してしまうが、それとは対極にあり興味深い内容である。小説の読み方について、ちょっと違う感覚を得ることができる1冊でした。

  • 著者のエッセイを読み小説論としてまとめてあるものを探してこの本にたどり着いた。自分としては保坂和志につながる小説論の本だと思う。現代小説(非物語小説)の書き方読み方のいろいろ良いヒントをもらった。創作科の講義録を元にした本のようだ。図書館で借りていたが問答無用で購入した。

  • 小説は極論すると記述>物語というのは納得。「カラマーゾフ」や「ロリータ」は物語的にメロドラマ(←悪い意味ではない)だという下りで、ああ、小説をあまり読まない人の感想に時々ある、「で、この作品は結局何を言いたいの?」というのは小説=物語という発想がもとにあるんだな、と妙に腑におちた。
    あと、数章を費やしてとりあげられている「語り」の解説が面白かった。ディエーゲーシス・ミメーシス、回想・告白、モノフォニー・ポリフォニーとか。僕の好みはディエーゲーシス、回想、モノフォニーかな。

  • ディエーゲーシス、ミメーシス。

  • "「自分が面白いと思うこと」をやるべきか?「他人が面白いと思うこと」をやるべきか?"(teruyastarはかく語りき)
    http://d.hatena.ne.jp/teruyastar/mobile?date=20110220&guid=on&section=1298205146
    を読んでいた直後。興味深かった。

  • 2010/7/20購入

  • 物語偏重の享受姿勢に疑義を呈する挑発的な小説方法論。「作品は表現者と享受者の遊戯的な闘争の場」とする戦闘的な佐藤氏、ブログでも「馬鹿は読むな、時間の無駄だ」と豪語する通り、読者に期待する水準は決して低くない。正直、気を張りつめて記述の要素だの構成だのに目配りしてまで読む必要があるのか、そんなことを言ったら今出版社の屋台骨を支える大衆作家のほとんどとその読者のほとんどは切り捨てられることになろうとは思う。思うけれど、個人的にこのところ物語ありきの小説に興味がもてなくなってきていることへの一つの解答が与えられた気はした。決して主流にはなり得ないだろうけれど、孤高を持する姿勢には一定の共感を覚える。

  • ストラテジーとは戦略の意。小説を書く為の、というよりは、小説を読む為の戦略という気もする。読書にもテクニックが要るのだと思わせる本。

  •  読了。

  • 論旨明快で読んでて気持ち良かったです。
    自分にはバトる気概も能力もないので、眩しく感じられるぜ…

全15件中 1 - 10件を表示

プロフィール

1962年、新潟に生まれる。1991年『バルタザールの遍歴』で日本ファンタジーノベル大賞を受賞。2002年『天使』で芸術選奨新人賞を、2007年刊行『ミノタウロス』は吉川英治文学新人賞を受賞した。著書に『鏡の影』『モンティニーの狼男爵』『雲雀』『激しく、速やかな死』『醜聞の作法』『金の仔牛』『吸血鬼』などがある。

「2017年 『スウィングしなけりゃ意味がない』 で使われていた紹介文から引用しています。」

小説のストラテジーのその他の作品

佐藤亜紀の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
三島 由紀夫
安部 公房
ウラジーミル ナ...
佐藤 亜紀
佐藤 亜紀
佐藤 亜紀
フランツ・カフカ
アゴタ・クリスト...
有効な右矢印 無効な右矢印

小説のストラテジーを本棚に登録しているひと

ツイートする