精神分析の抵抗―フロイト、ラカン、フーコー

  • 青土社
3.45
  • (3)
  • (0)
  • (7)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 47
レビュー : 1
  • Amazon.co.jp ・本 (230ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784791763320

作品紹介・あらすじ

現代を代表する哲学者デリダが、ラカン、フーコーとの過去の対決をふまえ、ライバルたちの天才と弱点を明確化するとともに、精神分析に対する最大の批判者=理解者として、この理論/実践の「自己への抵抗」の可能性を現在へと押し開く。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 精神分析の抵抗―フロイト、ラカン、フーコー
    (和書)2012年08月17日 11:14
    2007 青土社 ジャック・デリダ, 鵜飼 哲


    ジャック・デリダさんの著書を初めて読んだ。この本を読んでもその良さは解りそうもない。他の著書も読んでみようと思う。

    思ったより軽い文体で、しかし何かを明確に示しているようにも思えない。パレーシアであるかどうかが結局問われるところだと思うけどこの本を読んだだけでは判然としない。

    図書館でいろいろ探して読んでみたら良いと思った。

全1件中 1 - 1件を表示

著者プロフィール

(Jacques Derrida)
1930-2004年。アルジェリア生まれ。パリの高等師範学校で哲学を専攻。同校の哲学講師を経て、1984年社会科学高等研究院教授に就任。1983年に設立された国際哲学コレージュでは初代議長を務めた。著書に『エクリチュールと差異』『散種』『絵画における真理』『法の力』『他者の言語』『アーカイヴの病』『シニェポンジュ』『哲学の余白』『有限責任会社』『ユリシーズ グラモフォン』『翻訳そして/あるいはパフォーマティヴ』(以上、法政大学出版局)、『グラマトロジーについて』(現代思潮新社)、『声と現象』『死を与える』『動物を追う、ゆえに私は(動物で)ある』(以上、筑摩書房)、『他の岬』『哲学への権利』『生きることを学ぶ、終に』(以上、みすず書房)、『ポジシオン』(青土社)、『信と知』(未來社)、『プシュケー』(岩波書店)、『ジャック・デリダ講義録』(白水社)などがある。

「2020年 『有限責任会社〈新装版〉』 で使われていた紹介文から引用しています。」

ジャック・デリダの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
ミシェル・フーコ...
ジークムント フ...
ウンベルト エー...
マックス ウェー...
ウィトゲンシュタ...
ジル ドゥルーズ
スラヴォイ・ジジ...
ジル ドゥルーズ
有効な右矢印 無効な右矢印

精神分析の抵抗―フロイト、ラカン、フーコーを本棚に登録しているひと

ツイートする
×